万葉集大成  第20巻 (美論篇)

[目次]

  • 萬葉の美學・日夏耿之介 / 3
  • 萬葉集に於ける詩的形象の流轉・土居光知 / 41
  • 創生期の文學的詩歌・風卷景次郞 / 71
  • 古代和歌として觀た萬葉美・五味智英 / 91
  • 萬葉集浪漫主義の探究・尾山篤二郞 / 109
  • 萬葉の韻律に就て・吉水千之 / 131
  • 歌格の上から觀た萬葉美・瀨古確 / 155
  • 一般言語の韻律と萬葉集の韻律・小田良弼 / 183
  • 古代人の美學・森本治吉 / 207
  • 創作意識の上から觀た萬葉文學・犬養孝 / 233
  • 萬葉に見る自然美・鼓常良 / 257
  • 文藝學的見地から觀た萬葉美・岡崎義惠 / 277
  • 萬葉の美しさ・高木市之助 / 297
  • 美論篇跋・尾山篤二郞 / 309
  • 補遺
  • 萬葉集の骨骼となつた漢籍・神田喜一郞 / 313
  • 萬葉集と古訓點・春日政治 / 321
  • 萬葉・古今・新古今の比較の一方法・谷山茂 / 331
  • 枕詞の發生・高崎正秀 / 339

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 万葉集大成
著作者等 平凡社
書名ヨミ マンヨウシュウ タイセイ
書名別名 Man'yoshu taisei
巻冊次 第20巻 (美論篇)
出版元 平凡社
刊行年月 1955
ページ数 357p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
57000498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想