日本文学の方法

西郷信綱 著

附録: 近世の学問と思想-「国学の批判抄」 271-361p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 日本文学の方法
  • 目次
  • 古典文学の遺産 / 7
  • 一 文学の新しさ、古さ / 7
  • 二 近代の遺産 / 14
  • 三 古典文学の条件 / 19
  • 四 古典のリアリズム / 28
  • 五 古典主義 / 32
  • 六 遺産の継承 / 38
  • 文学史の方法(第一稿) / 51
  • 一 文学と歴史 / 51
  • 二 上部構造の特殊性 / 56
  • 三 神秘的と科学的 / 61
  • 四 文学史と唯物論 / 67
  • 文学史の方法(第二稿) / 70
  • 一 文学史への疑問 / 70
  • 二 日本文芸学と歴史社会学 / 72
  • 三 文学の本質と歴史分析 / 80
  • 文学のジャンル / 85
  • 一 ジャンルとは何か / 85
  • 二 日本文学におけるジャンルの重層 / 93
  • 三 詩の擁護 / 97
  • 敍事詩と小説 / 110
  • 一 小説の運命 / 110
  • 二 敍事詩と物語 / 113
  • 三 古代と中世 / 119
  • 四 小説の新しい可能性 / 121
  • 神話おぼえがき / 127
  • 一 神話の美学 / 127
  • 二 マルクスとヘーゲル / 130
  • 三 高天原系神話 / 134
  • 四 出雲系神話 / 139
  • 五 神話の基礎 / 142
  • 宮廷女流文学の開花 / 147
  • 一 女の不幸 / 147
  • 二 受領の娘 / 152
  • 三 解体期の知識人 / 160
  • 四 物語の読者 / 168
  • 五 神道からの女性の解放 / 175
  • 六 女流文学の意義 / 183
  • 源氏物語の方法 / 186
  • 一 虚構性について / 188
  • 二 散文の発生と機能 / 193
  • 三 貴族社会のリアリズム / 196
  • 四 主人公と作者の関係 / 202
  • 民衆文芸の本質 / 208
  • 一 即興と霊感 / 208
  • 二 生活の必要 / 213
  • 三 集団性の性格 / 216
  • 四 民衆文芸のゆくえ / 224
  • 民話の方法 / 227
  • 民謡の遺産 / 242
  • 吟遊詩人 / 258
  • 附録 近世の学問と思想-「国学の批判抄」- / 271
  • 第一章 近世における学問の成立 / 272
  • 一 はしがき / 272
  • 二 儒教における文献学の発生 / 275
  • 三 朱子学の没落 / 279
  • 四 儒教古学派 / 284
  • 五 実証科学の自覚 / 287
  • 六 若き宣長と文献学 / 289
  • 七 白石と宣長 / 292
  • 八 不可知論 / 298
  • 九 神々の復活 / 306
  • 第二章 思想と学問の構造 / 312
  • 一 徂徠より宣長ヘ / 312
  • 二 国学における和歌 / 321
  • 三 物のあわれ / 327
  • 四 古代の発見 / 333
  • 五 和歌と神ながらの道 / 339
  • 六 作為と自然 / 342
  • 七 国学と天皇制 / 352
  • 著者あとがき / 363

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本文学の方法
著作者等 西郷 信綱
書名ヨミ ニホン ブンガク ノ ホウホウ
書名別名 Nihon bungaku no hoho
出版元 未来社
刊行年月 1955
ページ数 366p (附録共)
大きさ 22cm
NCID BA39048643
BN06377244
BN11320472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56000259
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想