文壇五十年

正宗白鳥 著

[目次]

  • 目次
  • 序 / 3
  • 文壇五十年
  • 一 小説界に君臨する尾崎紅葉 / 10
  • 二 『金色夜叉』『不如帰』の時代 / 13
  • 三 逍遙一喝、劇壇震う / 16
  • 四 日露開戦で戦争劇流行 / 19
  • 五 名人延寿太夫と林中 / 22
  • 六 岡倉天心、玉成会にこもる / 25
  • 七 翻案劇、翻訳文学流行 / 28
  • 八 新帰朝者抱月への期待 / 30
  • 九 劃期的な作品『蒲団』 / 33
  • 一〇 鷗外、漱石の身辺小説 / 36
  • 一一 真山青果の『南小泉村』 / 40
  • 一二 樗牛、青果、泡鳴の日本主義 / 43
  • 一三 左団次と自由劇場 / 46
  • 一四 人気作家荷風の出現 / 49
  • 一五 幸徳秋水への関心 / 52
  • 一六 不可解な相馬御風の帰郷 / 55
  • 一七 キリスト教と文学 / 58
  • 一八 菊池、芥川、久米らの擡頭 / 60
  • 一九 貧しい明治の文学者 / 64
  • 二〇 第一次大戦後の総合雑誌 / 67
  • 二一 マルキシズムの荒波 / 69
  • 二二 桂内閣の文学奬励 / 72
  • 二三 外国で実感した「日本」 / 75
  • 二四 プロ文学の隆盛時代 / 78
  • 二五 『風と共に去りぬ』好評 / 81
  • 二六 戦時下、言論の制約 / 83
  • 二七 十二月八日の思い出 / 86
  • 二八 益々激化する戦争 / 89
  • 二九 時代思想の移り変り / 92
  • 三〇 敗戦でも変らぬ文学、芸術 / 95
  • 三一 帝国芸術院の誕生 / 97
  • 三二 文学報国会と愛国百人一首 / 101
  • 続文壇五十年
  • 一 藤村の詩、鷗外の試験 / 106
  • 二 藤村の『春』、花袋の『蒲団』 / 116
  • 三 文壇人の洋行 / 126
  • 四 文学の行衛 / 137
  • 五 江戸趣味と現代 / 163
  • 六 菊池賞と新聞小説 / 173
  • 七 洋行流行、翻訳時代 / 183
  • 解説(臼井吉見) / 194

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 文壇五十年
著作者等 正宗 白鳥
書名ヨミ ブンダン 50ネン
書名別名 Bundan 50nen
出版元 河出書房
刊行年月 1955
ページ数 196p 図版
大きさ 15cm
NCID BN03734108
BN13139756
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55012268
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想