出雲國風土記

奥書あり「一日過四日市場閲佑藁中有此書而求得之袖而帰矣夫風土記者元明天皇御宇始令撰以來年歷久遠而往々紛失今世僅所存一二州耳余欲見之旣有年矣而家々祕之不敢許電覽也今日得焉誠偶然也哉凡天下物以無摸珍書之樂也吁余宿心旣足矣珠玉金帛奚以爲余喜因書卷後以記其喜云 寛[寶]永乙酉二年秋八月廿四日書于江戸三渓寮舍 本齋開老甫」「以關祖衡先生藏本正德四年甲午冬陽月二十日書于武阳豊嶋郡櫻田郷霞關亭 聼窩散人田義郷」「享保十三壬申應鐘上澣 武江陰蟄於岫雲堂下写之 トアリ」;白井文庫;装丁 : 和装

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 出雲國風土記
著作者等 出雲, 広嶋 天平頃
出雲臣廣嶋
神宅臣金太理 勘造
神宅臣 全太理
書名ヨミ イズモノクニ フドキ
書名別名 出雲風土記
出版元
刊行年月 [江戸中期]
ページ数 1冊
大きさ 23cm
言語 日本語
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想