世界名詩集  第23 (プーシキン)

[目次]

  • ツァールスコエ・セローでの思い出 / 7
  • リキニウスに / 17
  • 同窓たちに / 22
  • 自由 / 24
  • おとぎばなし / 31
  • チャダーエフに / 33
  • N.N. / 35
  • 農村 / 37
  • アラクチェーエフに / 41
  • チャダーエフの肖像画によせて / 42
  • ドリーダに / 42
  • <昼の明るいひかりは 消えうせて…> / 43
  • <空にたなびく雲が うすれてゆく…> / 45
  • 短剣 / 47
  • ヴェー・エリ・ダヴィードフに / 50
  • <操かたきギリシャ女よ…> / 54
  • かしこいオレークの歌 / 55
  • 囚人 / 62
  • 小鳥 / 63
  • 夜 / 64
  • <あまい望みに 幼な子のように…> / 65
  • <ぼくのねたみ深いねがいを…> / 66
  • いのちの荷馬車 / 68
  • 本屋と詩人の会話 / 70
  • 海へ / 83
  • 焼かれた手紙 / 88
  • 誉れを願うこと / 89
  • アーンナ・ケールンに / 91
  • 花婿 / 93
  • <人の世が きみをあざむいても…> / 105
  • 酒の神祭りの歌 / 106
  • 十月十九日 / 107
  • 冬の夕べ / 117
  • <血のなかに 恋の炎は燃えさかり……> / 119
  • ステンカ・ラージンの歌 / 120
  • 予言者 / 125
  • イー・イー・プーシチンに / 127
  • 詩編 / 128
  • 冬の道 / 129
  • 乳母に / 132
  • アレクサーンドル一世に / 133
  • <シベリヤの 鉱脈の奥ふかく…> / 133
  • アリオーン / 135
  • 詩人 / 136
  • <いと幸いにも 金色燦然たる貴族社会で…> / 138
  • 一八二七年十月十九日 / 139
  • 思い出 / 140
  • <歌うな うるわしのおとめよ…> / 141
  • 予感 / 143
  • 毒の木 / 145
  • 詩人と民衆 / 148
  • <ぼくは 前にそうだったように…> / 152
  • <グルジヤのつらなる丘に…> / 153
  • 冬の朝 / 154
  • <わたしは あなたを恋していました…> / 156
  • <騒がしい街なかをぶらついても…> / 157
  • カフカース / 159
  • <きみが うら若い年齢なので…> / 161
  • 魔物たち / 163
  • エレジー / 167
  • 仕事 / 168
  • <わが頰赤き批評家よ…> / 169
  • 眠れぬ夜につくられた詩 / 171
  • <遠い祖国の岸辺をもとめて…> / 172
  • <わたしは 聖なる霊廟のまえに…> / 174
  • ロシヤの誹謗者たちへ / 176
  • こだま / 180
  • <学習院が その聖なる記念日を…> / 181
  • ***に / 184
  • <身内のイヴァーンよ…> / 185
  • 秋 / 188
  • <わたしを気違いあつかいに…> / 196
  • <果てしなき野に…> / 198
  • <時がきた わが友よ…> / 200
  • うぐいす / 201
  • 黒雲 / 203
  • <…わたしがふたたび訪れたのは…> / 204
  • <苦しむという もちまえの…> / 208
  • デー・ヴェー・ダヴィードフに / 209
  • <わたしは 人の手では作れぬ…> / 210

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界名詩集
書名ヨミ セカイ メイシシュウ
書名別名 Sekai meishishu
巻冊次 第23 (プーシキン)
出版元 平凡社
刊行年月 1968
ページ数 248p (図版共)
大きさ 23cm
全国書誌番号
55002900
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想