講談全集  24

大日本雄弁会講談社 編

[目次]

  • 目次
  • 両刀を捨てて炭屋の居候 / 7
  • 喧嘩ならいつでも参れ / 15
  • お島、白玉、恋の鞘当て / 23
  • イヤ 面目次第もござらぬ / 29
  • 男禁制の看板の塗りかえ / 34
  • うまく手管でだますんだな / 40
  • 廓の用心棒、屋上の大格闘 / 46
  • 遠山桜に上り竜下り竜の刺青 / 55
  • 泊ったらお島に叱られる / 62
  • 父左衛門尉ハラ[ハラ]と落涙 / 66
  • あなたは妾を手籠めにでも / 73
  • 旦那もお仲間かと存じて / 78
  • 囃子方金ちゃんの止め男 / 82
  • 吉原組は黙って帰ってくれ / 92
  • ちと驕りが過ぎやしねえか / 98
  • 御生母は亡くなられましたぞ / 101
  • イミテーションの団十郎 / 105
  • お島いとしや涙の死別れ / 113
  • 慕いよる二八の女軽業師 / 120
  • 小普請入り近藤重蔵の邸 / 127
  • 早くも見ぬいた両雄の心底 / 130
  • お声がかりで跡目相続 / 137
  • くつろいだ親子再会の儀 / 143
  • 今宵を名残りの廓大尽 / 148
  • 廓の暇乞いに白玉を落藉 / 150
  • それッ!怪しき奴が / 158
  • 七日の内に盗んでみぬか / 164
  • コリャッ、鼠小僧来たかッ / 172
  • 大分酒が過ぎたようだのう / 175
  • 台湾島流浪者の取調べ / 179
  • 地獄へ金を持っていく気か / 185
  • とんだ処へ現われた武士 / 191
  • 高野長英も匙を投げた / 196
  • この頭巾に覚えござらぬか / 199
  • これでも剣術指南か / 205
  • 蘭学者といえば目の敵 / 212
  • 吹上の御前裁きに初登場 / 214
  • さすがその道の通人振り / 224
  • 来訪者の往来しきり / 232
  • 今も昔も変らぬ役人根性 / 236
  • あの手この手で奢侈禁止 / 242
  • 奢りの海老蔵にきつい咎め / 245
  • 金食い印旛沼の埋立工事 / 254
  • 乗り込む密偵、左衛門尉 / 259
  • 一げえに男が欲しくなった / 267
  • 無理押し、苦肉の金策評定 / 274
  • 天保銭吹直しが運の尽き / 280
  • 酔いどれの口から泥を吐く / 288
  • 悪玉茂平次だまし討ち / 294
  • 狐を使って恋の意恨晴し / 300
  • 兄弟はじめて父の仇を知る / 303
  • 胴輪斬り、仇討ち本懐 / 307
  • 罪を憎み人を憎むな弔えよ / 312
  • 口絵・清水三重三

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 講談全集
著作者等 大日本雄弁会講談社
書名ヨミ コウダン ゼンシュウ
巻冊次 24
出版元 大日本雄弁会講談社
刊行年月 昭和29
ページ数 3冊
大きさ 19cm
全国書誌番号
56001191
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想