木下杢太郎全集  第7巻 (評論 第1)

[目次]

  • 目次
  • 森鷗外 / 1
  • 「南蠻寺門前」 / 55
  • 或日の森鷗外先生 / 60
  • 森鷗外先生に就いて / 67
  • 鷗外文獻 / 76
  • 森先生の人と業と / 87
  • 歐羅巴の留學から歸つて來た當時の森鷗外 / 102
  • 眞贋 / 116
  • 鷗外先生の翻譯 / 117
  • 森鷗外博士の証正「オルフエウス」 / 120
  • 森鷗外の文學 / 127
  • 鷗外全集著作篇刊行の辭 / 139
  • 鷗外全集翻譯篇刊行の辭 / 141
  • 鷗外舊宅の燒失 / 143
  • 幸田露伴 / 144
  • 露伴管見 / 169
  • 露伴先生の文化勳章を得給へるを祝す / 183
  • 「夏目漱石」(小宮豐隆君に) / 187
  • 「漱石の藝術」 / 202
  • 與謝野寬先生還曆の賀に際して / 208
  • 「采花集」序 / 216
  • 與謝野晶子全集第一卷 / 220
  • 「うす二あゐ」 / 226
  • 石井柏亭君 / 228
  • 詩集「邪宗門」を評す / 234
  • 「桐の花」に就いて / 242
  • 白秋全集 / 246
  • 白秋君を悼む / 247
  • 北原白秋のおもかげ / 249
  • 北原白秋君 / 259
  • 二度と生れぬ作品 / 265
  • 鈴木三重吉全集 / 266
  • 芥川龍之介君 / 269
  • 我々の通つて來た時代 / 276
  • パンの會の回想 / 284
  • 「パンの會」と「屋上庭園」 / 293
  • 平福百穗畫伯 / 301
  • 二十五周年を迎ふる「アララギ」 / 305
  • 歌集赤光 / 313
  • 明治末年の南蠻文學 / 315
  • 日本演劇に關する考察 / 323
  • 大阪語を以て大阪市民の心理を表現する文學はなきや / 352
  • 俳諧と自然 / 356
  • 芭蕉と現代の生活 / 389
  • 「俳文學論考」 / 405
  • ゲエテと醫學 / 409
  • ゲエテの伊太利亞紀行 / 424
  • フランソワ・ド・キユレル / 429
  • ポオル・ジエラルヂイ / 474
  • 白露亡民の小說 / 482
  • フウゴオ・フオン・ホフマンスタアル父子の死 / 487
  • 田山花袋氏の「蒲團」 / 493
  • 「太陽」記者長谷川天溪氏に問ふ / 500
  • 吾人の小說批評の態度・二月の小說 / 513
  • 島崎藤村の「家」 / 536
  • 三新作脚本の實演 / 542
  • ホトトギス催能の所感 / 566
  • 觀劇覺え帳 / 570
  • 「傾斜ある感情」 / 575
  • 張赫宙の「ガルボウ」 / 578
  • 「藝林閒步」序 / 583
  • 「木下杢太郞選集」序 / 586
  • 「葱南雜稿」序 / 591
  • 編纂後記 / 595

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 木下杢太郎全集
著作者等 木下 杢太郎
書名ヨミ キノシタ モクタロウ ゼンシュウ
書名別名 Kinoshita mokutaro zenshu
巻冊次 第7巻 (評論 第1)
出版元 岩波書店
刊行年月 1950
ページ数 602p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
56015989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想