講談全集  [第9] (赤穂義士銘々伝)

[目次]

  • 目次
  • 浅野内匠頭殿中の刃傷 / 7
  • 恨みは深し慾の遺恨
  • 侮辱の上にまた侮辱
  • 緒の切れた堪忍袋
  • 無念ッ梶川に抱きとめられる
  • 愛宕下田村家へお預け
  • 内匠頭の切腹と片岡源五右衛門 / 37
  • 多門伝八郎の義気
  • 主君の遺言
  • 母と下郎の殉死に泣く武林唯七 / 50
  • 名代の粗忽者
  • 匹夫死して黄泉の供に就かん
  • 忠孝の二途に迷う萱野三平 / 60
  • 行き会わす母の葬列
  • 哀れなり死のお詫
  • 義士の統領大石内蔵助良雄 / 66
  • 赤穂城の大評定
  • 下郎が見抜く胸の中
  • 浮き大尽山科の閑居
  • 大石軽石、張りぬけ石の犬侍
  • 敵を欺く苦肉の策
  • 心で泣いて妻子を離別
  • 江戸下向お軽への訣れ
  • 船頭に身をやつす潮田又之丞 / 104
  • 三十四歳のお坊ちゃん
  • 海上に開く同志の密議
  • 堀部安兵衛高田馬場の仇討 / 112
  • 綽名は呑ん安、喧嘩安
  • 十八人斬、記念の五合桝
  • 堀部彌兵衛むこがね探し / 124
  • せっかちで氣短か
  • 八百屋の口から安兵衛の身許
  • 聟取りの坐りこみ戦術
  • 酔うても本心狂わず
  • 勝田新左衛門舅婿のえにし / 144
  • 供先きの狼藉
  • 婿選み、一番槍、一番首
  • 零落れはてた大根売
  • 朝湯の噂、読売の連名
  • 胸をうつ妻の真情
  • 大高源五、中村勘助東くだり / 176
  • 義兄をあざむく苦衷
  • 源五、許してくりゃれ
  • 神崎与五郎かながきの詫証文 / 191
  • 吼えつく馬喰いの丑五郞
  • 赤穂義士の講談
  • 夜鷹蕎麦売り杉野十平次 / 207
  • 念願を表わす屋号
  • 入りこむ吉良の邸内
  • 槍の達人俵星玄蕃
  • 武士は喰わねど高楊枝
  • 玄蕃義俠の助太刀
  • 酒屋の手代、恋の岡野金右衛門 / 238
  • 恋の手ならい
  • 二世かけて夫婦の誓い
  • 盗みだす吉良の絵図面
  • 吉良門前涙の対面
  • 赤垣源蔵徳利の訣れ / 258
  • 酒の機嫌の千鳥足
  • 一足違い兄の帰宅
  • 弟の誉れ五十石加増
  • 義士討入りと本望成就 / 281
  • 一党の勢揃い
  • 吉良方の勇士
  • 大石主税の奮戦
  • 恨みぞ晴れて雪の朝
  • 義士人名と役職祿高一覧表 / 314

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 講談全集
書名ヨミ コウダン ゼンシュウ
巻冊次 [第9] (赤穂義士銘々伝)
出版元 大日本雄弁会講談社
刊行年月 1954
ページ数 316p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
56001187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想