千夜一夜 : 全訳  第6 (女の奸智にだまされる男たち)

大宅壮一 訳

[目次]

  • 目次
  • 島の王と信心深いイスラエル人の話 / 11
  • アブー・アル・ハッサンと癩病患者アブー・ジャアファールの話 / 18
  • 大蛇の女王の話 / 23
  • ブルーキヤーの冒険の話 / 30
  • ヤンシャー王子の見た不思議な国 / 61
  • ヤンシャー王子の恋 / 78
  • 敵の重囲におちたヤンシャー王子の父 / 97
  • ヤンシャー王子と二つの墓 / 109
  • ブルーキヤーの冒険の話の結び / 126
  • 大蛇の女王の話の結び / 130
  • 海のシンドバッドと陸のシンドバッドの話 / 145
  • 船乗りシンドバッドの第一の航海の話 / 149
  • 船乗りシンドバッドの第二の航海の話 / 160
  • 船乗りシンドバッドの第三の航海の話 / 169
  • 船乗りシンドバッドの第四の航海の話 / 181
  • 船乗りシンドバッドの第五の航海の話 / 196
  • 船乗りシンドバッドの第六の航海の話 / 209
  • 船乗りシンドバッドの第七の航海の話 / 220
  • 船乗りシンドバッドの第七の航海の話(カルカッタ版) / 232
  • 真鍮の城市の話 / 239
  • ほろびた城市の財宝と死者の番人 / 270
  • 女の怨恨と奸智の話 / 288
  • 王とその息子と側女と七人の大臣の話 / 288
  • 王と大臣の妻の話 / 296
  • 菓子屋とその妻と鸚鵡の話 / 300
  • 洗張り屋父子の話 / 302
  • 放蕩者の奸策と貞節な妻の話 / 303
  • 吝嗇漢と麵麭菓子の話 / 305
  • 浮気女と二人の情夫の話 / 307
  • 王子と人喰い女の話 / 309
  • 一滴の蜂蜜の話 / 312
  • 夫に塵をふるわせた女の話 / 313
  • 魔法の泉の話 / 315
  • 大臣の息子と風呂屋の女房の話 / 321
  • 夫をだまそうとした妻の話 / 324
  • 金細工師とカシミヤの歌姫の話 / 329
  • 余生を笑わずに通した男の話 / 334
  • 王子と商人の妻の話 / 344
  • 鳥の言葉のわかるふりをした小姓の話 / 346
  • 人妻と五人の口説男の話 / 350
  • 〝神の夜〟にめぐりあった男の話 / 360
  • 盗まれた首飾りの話 / 362
  • 二羽の鳩の話 / 364
  • 王子ベーラムと王女アル・ダートマーの話 / 364
  • 物見台のある家の話 / 370
  • 王子と魔神の愛妾との話 / 383
  • 白檀売りの商人と詐欺師の話 / 387
  • 道楽者と三歳の童子の話 / 393
  • 盗まれた財布の話 / 395
  • 狐と人間たちの話 / 398
  • (一) 愛を求める後宮の美女
  • (二) 大蛇の女王
  • (三) 戯れる人魚と泣き笑う果実
  • (四) 羽衣を奪い愛を告げるヤンシャー
  • (五) 人間の焙り焼き
  • (六) 屍の城市の美しい王女
  • (七) 浮気な菓子屋の女房と恋人
  • (八) 眠れるルート弾きの美女

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 千夜一夜 : 全訳
著作者等 大宅 壮一
書名ヨミ センヤ イチヤ : ゼンヤク
書名別名 Sen'ya ichiya
巻冊次 第6 (女の奸智にだまされる男たち)
出版元 集英社
刊行年月 1967
ページ数 399p 図版
大きさ 18cm
全国書誌番号
56008784
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想