高村光太郎研究

伊藤信吉 著

[目次]

  • 高村光太郎の回想 / 13
  • 駒込林町のアトリエ・『学校詩集』の思い出・「上州川古さくさん風景」 / 14
  • 「荒凉たる帰宅」・戦争時局と孤独の影・精神の亡命地帯 / 19
  • 人嫌いと孤独・般若心経の写経・中野のアトリエで・自己流謫ということ / 26
  • 詩人における近代の意味・社会主義と国体・未刊詩集『石くれの歌』 / 32
  • 未来派芸術の紹介・昭和二年の生活の変革・不遇な芸術家に寄せる詩 / 38
  • 絶筆の一枚・芸術の絶対意識「美しき落葉」・造型飢餓・詩人の死 / 45
  • モラリストの運命 / 55
  • 芸術生涯の起点 / 56
  • 近代の詩人として / 82
  • 人道的詩人として / 121
  • 社会的詩人として / 156
  • 戦争の詩人として / 190
  • 高村光太郎の世界 / 233
  • ヴェルハーランの翻訳と愛の詩の原型・『智恵子抄』の成立ち / 234
  • 詩と彫刻の関係・造型的感覚の滲透・「造型詩集」の所在 / 240
  • 「生」ということの意味・方法論のない詩的世界・態度の詩人 / 244
  • 父と子の問題・「出さずにしまった手紙の一束」のこと / 250
  • 「旧江戸的倫理の延長」の雰囲気・父光雲とその芸術のこと / 255
  • 政治からの自己疎外・大逆事件と芸術家たち・二律背反の人 / 261
  • 芸術家における亡命の問題・政治と芸術・政治にかかわらぬ地帯で / 267
  • 高村光太郎の周辺 / 273
  • 蟬・奇縁の新発見 / 274
  • 「非凡なる人」の手 / 276
  • 映画「智恵子抄」のこと / 281
  • 花巻紀行-第一回高村光太郎記念祭 / 283
  • 詩碑-墓碑銘として / 285
  • 書についての断片 / 288
  • 翻訳についての断片 / 289
  • 人柄についての断片 / 291
  • 美術論の周辺 / 294
  • 『智恵子抄』をめぐって / 298
  • 一途の人格 / 311
  • 高村光太郎の作品鑑賞 / 319
  • 高村光太郎の作品世界 / 320
  • 刄物を研ぐ人(造型詩篇) / 329
  • 失はれたるモナ・リザ(『道程』) / 342
  • ぼろぼろな駝鳥(『猛獣篇』) / 353
  • 雨にうたるるカテドラル(『道程』以後『猛獣篇』以後) / 362
  • 樹下の二人(『智慧子抄』『智慧子抄その後』) / 378
  • 雪白く積めり(『典型』) / 389
  • 高村光太郎參考書目・年譜・覚え書 / 399
  • 参考書目(北川太一編) / 400
  • 年譜(北川太一編) / 407
  • 覚え書 / 416

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 高村光太郎研究
著作者等 伊藤 信吉
書名ヨミ タカムラ コウタロウ ケンキュウ
出版元 思想社
刊行年月 1966
ページ数 418p
大きさ 22cm
全国書誌番号
66007286
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想