日本永代蔵新講

大藪虎亮 著

[目次]

  • 日本永代藏新講
  • 目次
  • 一 解題 / 1
  • 二 批評・鑑賞 / 6
  • 一 永代藏が生れた所以 / 6
  • 二 永代藏の種となつた草子 / 12
  • 三 構想・材料など / 20
  • 四 描かれた世相・人心 / 35
  • 五 表はれた思想 / 43
  • 六 文章 / 53
  • 七 他の町人物との比較 / 63
  • 八 永代藏の模倣書 / 67
  • 九 永代藏の文藝的價値 / 70
  • 本文目次
  • 卷一 / 1
  • 一 初午は乘て來る仕合 / 2
  • 二 二代目に破る扇の風 / 22
  • 三 浪風靜に神通丸 / 47
  • 四 昔は掛筭今は當座銀 / 85
  • 五 世は欲の入札に仕合 / 111
  • 卷二 / 129
  • 一 世界の借屋大將 / 130
  • 二 怪我の冬神鳴 / 157
  • 三 才覺を笠に着大黑 / 176
  • 四 天狗は家名の風車 / 204
  • 五 舟人馬かた鐙屋の庭 / 219
  • 卷三 / 231
  • 一 煎じやう常とはかはる問藥 / 232
  • 二 國に移して風呂釜の大臣 / 257
  • 三 世は拔取の觀音の眼 / 274
  • 四 高野山借錢塚の施主 / 295
  • 五 紙子身躰の破れ時 / 308
  • 卷四 / 325
  • 一 祈る印の神の折敷 / 326
  • 二 心を疊込古筆屏風 / 342
  • 三 仕合の種を蒔錢 / 359
  • 四 茶の十德も一度に皆 / 387
  • 五 伊勢海老の高買 / 405
  • 卷五 / 425
  • 一 𢌞り遠きは時計細工 / 426
  • 二 世渡りは淀鯉のはたらき / 443
  • 三 大豆一粒の光り堂 / 473
  • 四 朝の鹽籠夕の油桶 / 493
  • 五 三匁五分曙のかね / 513
  • 卷六 / 525
  • 一 銀のなる木は門口の柊 / 526
  • 二 見立て養子か利發 / 537
  • 三 買置は世の心やすい時 / 562
  • 四 身体かたまる淀河の漆 / 570
  • 五 智惠をはかる八十八の升搔 / 585
  • 貨幣・物價略年表 / 600
  • 語句索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本永代蔵新講
著作者等 大藪 虎亮
書名ヨミ ニホン エイタイグラ シンコウ
出版元 白帝
刊行年月 1953
ページ数 719p 図版
大きさ 22cm
NCID BN11007029
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53004794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想