愛と死の芸術 : 近松劇文学の解明

河竹繁俊 著

[目次]

  • 目次
  • 一、 序說 / 3
  • イ、 シェークスピヤと近松
  • ロ、 大衆性と藝術性
  • ハ、 國民的劇詩人
  • 二、 背景となつた時代文化 / 18
  • 1 『女殺油地獄』 / 20
  • イ、 不良靑年
  • ロ、 家庭と社會
  • ハ、 親の愛と義理
  • ニ、 戰後派のタイプ
  • 2 日本のルネッサンス / 40
  • イ、 三大文人
  • ロ、 町人文化の誕生
  • 3 元祿時代の世相 / 51
  • イ、 歌舞伎の流行
  • ロ、 町人の生活謳歌
  • ハ、 浮世の義理
  • ニ、 道德と人間性の衝突
  • 三、 弱者庇護の精神 / 66
  • 1 『世繼曾我』と『曾我會稽山』 / 70
  • イ、 判官贔屓
  • ロ、 六十餘州の力を以てかけた繩
  • ハ、 『出世景淸』の牢破り
  • 2 『曾根崎心中』とその改作 / 79
  • イ、 色と金
  • ロ、 男の面目
  • ハ、 遊女の純愛
  • ニ、 敵役膺懲
  • 3 三姦通曲 / 98
  • イ、 夫婦と女大學
  • ロ、 『大經師昔曆』
  • ハ、 女敵討
  • ニ、 醜行の美化
  • 四、 義理と人情 / 128
  • 1 時代物の義の精神 / 128
  • イ、 『國性爺合戰』
  • ロ、 武士道精神
  • ハ、 義の高揚
  • 2 世話物の義理人情 / 144
  • イ、 『心中天の網島』
  • ロ、 三角關係
  • ハ、 女同志の義理
  • ニ、 夫婦肉親の愛
  • 五、 作中人物の愛情 / 164
  • 1 戀愛 / 164
  • イ、 娘の戀愛
  • ロ、 遊女の戀
  • 2 夫婦の愛 / 182
  • 『心中宵庚申』
  • 3 老父の愛 / 195
  • 六、 近松の功績 / 210
  • 1 淨瑠璃の發達 / 211
  • イ、 『十二段草紙』
  • ロ、 三味線と人形
  • ハ、 竹本義太夫
  • 2 作品の全貌 / 226
  • イ、 淨瑠璃と歌舞伎
  • ロ、 淨瑠璃の素材
  • ハ、 近松の詞章
  • ニ、 近松の藝術觀
  • 七、 人間近松 / 245
  • イ、 その經歷
  • ロ、 その人物
  • ハ、 その史的位相

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 愛と死の芸術 : 近松劇文学の解明
著作者等 河竹 繁俊
書名ヨミ アイ ト シ ノ ゲイジュツ : チカマツ ゲキブンガク ノ カイメイ
出版元 日本教文社
刊行年月 1951
ページ数 255p 図版
大きさ 19cm
NCID BN09061848
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51006859
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想