統計物理学における場の量子論の方法

ア・アブリコソフ [ほか]著 ; 松原武生 [ほか]訳

ファイマン・ダイヤグラムを用いて統計力学における量子効果を明快に説明することによって、金属内電子やプラズマをはじめ極低温の物性、原子核への応用などの解釈に新境地を開いた名著の邦訳。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 低温における多粒子系の一般的性質
  • 第2章 T=0における場の量子論の方法
  • 第3章 有限温度におけるダイヤグラムの方法
  • 第4章 フェルミ流体の理論
  • 第5章 相互作用しているボーズ粒子の系
  • 第6章 吸収のある媒質中の電磁輻射場
  • 第7章 超伝導の理論
  • 第8章 フェルミ流体中の素励起に対する輸送方程式

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 統計物理学における場の量子論の方法
著作者等 Abrikosov, A. A.
Abrikosov, Alekseĭ Alekseevich
Dzi︠a︡loshinskiĭ, I. E.
Gorʹkov, L. P.
松原 武生
ゴリコフ エリ
ジャロシンスキー イ
佐々木 健
米沢 富美子
アブリコソフ ア
書名ヨミ トウケイ ブツリガク ニ オケル バ ノ リョウシロン ノ ホウホウ
書名別名 Методы квантовой теории поля в статистической физике

Tokei butsurigaku ni okeru ba no ryoshiron no hoho
出版元 東京図書
刊行年月 1981.10
版表示 〔新装版〕
ページ数 420p
大きさ 22cm
ISBN 4489002343
NCID BN00890038
BN01693112
BN03233317
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
82000574
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想