随筆寄席 : 放談千夜  第2

辰野隆, 林髞, 徳川夢声 著

[目次]

  • 目次
  • 序 徳川夢声 / 1
  • 第十夜 ゲスト 中村白葉夫妻 / 9
  • 覚えにくい顔、覚えやすい顔-私は汽車が大好き-気になる仏法僧のなき声 / 11
  • 紫雲丸の遭難-アマチュア・カメラマンの心理-同じ地球の上に住んでるのだから喧嘩はよした方がいい / 15
  • 名器とは何ぞや / 18
  • 第1話 三味線造りの名人「存古斎」(中村夫妻) / 20
  • 幸五郎の鼓-自分で自分の音痴は分らない / 23
  • 第2話 太閤記十段目、国太郎の初菊をみて(夢声) / 27
  • 第3話 ソヴィエト的リアリズム(林) / 30
  • 第4話 「友情の箱」のもといとなった少女(辰野) / 32
  • 香奠は千円、お小遣は二千円 / 34
  • 第十一夜 ゲスト 長田幹彦 / 37
  • 心霊現象は実際に存在するか-雲は生長する-インドの行者の水淫・風淫・肉淫-尼には尼の行がある / 39
  • 霊はあった方がいいかない方がいいか-霊は何を食べ何を着てるか-霊界には酸素があるか-心霊術には詐術が多い-予言は当るか / 45
  • 心霊は信じないがお化けは怖い-切腹した忠臣の幽霊-死後硬直と「早過ぎた埋葬」-男子の守袋にお産のお守とは-水天宮はあるが空天宮はない-生れる前に男女の別が分ったら / 50
  • 第1話 中立はあり得る(辰野) / 57
  • 第2話 果物を買いに来た幽霊(長田) / 58
  • 第3話 恐怖の情緒と幽霊(林) / 61
  • 第4話 棺桶から出て来た剣術の先生(夢声) / 64
  • 第十二夜 ゲスト 宮田重雄 / 67
  • 小唄ばやり-小唄てものは和楽と洋楽-ピカソを見ての感動-ピカソの価値 / 69
  • 絵画と音楽と比較して-視覚、聴覚より触覚が先き / 79
  • 第1話 代議士諸君、三等車に乗り給え(辰野) / 84
  • 共産主義にもいろいろある-慶応に比べて京大は寛大(官大) / 87
  • 第2話 画家ブルネとの奇縁(宮田) / 90
  • ドリヴァル日本の芸術を絶讃 / 93
  • 第3話 自然科学の歩み-心臓の神秘を解いた男(林) / 95
  • われらも天才を生む一つの分子 / 101
  • 第4話 近代心理学-我輩は苦労性である(夢声) / 102
  • 第十三夜 ゲスト 正木亮 / 107
  • 学校はこんな場所にあった方がいい-褒められて進歩する-少年の町、道草学校-僕が落第しなかったわけ-フランスの淫売、日本の淫売 / 109
  • 世話はした方がいいか-白衣の募金-庄屋の嬶でもいうちゃあみい-姦通は少なくなった-ヴァンデベルデの売り方 / 120
  • 第1話 話しにくかった話(辰野) / 126
  • 非常に日本語のうまい人 / 128
  • 第2話 パブロフ先生と「恐怖」(林) / 130
  • 最近のロシア文学 / 131
  • 第3話 四日間で五百匁減った話(夢声) / 133
  • 第4話 鈴弁殺しの心理的解剖(正木) / 136
  • 第十四夜 ゲスト 金田一京助 / 145
  • 木は高きをもって貴しとす-金田一先生と牝犬-三代を通じての名力士-ペニス肥大症-メキシコ芸術も尖端肥大症 / 147
  • 少年啄木の面影-野村胡堂とライスカレー-啄木にはじめて会ったころ-啄木は初め海軍志望だった-啄木の文学開眼は及川(提督)の影響 / 154
  • 第1話 医薬分業は是か非か(林) / 159
  • 第2話 もっと学門に金を使え(辰野) / 163
  • 第3話 小奴といいしひとの語れる啄木(金田一) / 166
  • 第4話 映画と犯罪(夢声) / 172
  • 第十五夜 ゲスト 田崎勇三 / 177
  • 不老長寿ばなし-米食をやめてから若返った-早死したい人は米を食え-胃癌は米食者に多い-不老長寿と食生活-酒は燗をして飲め / 179
  • 癌は遺伝するか-娯楽室の掃除は行届いた方がいい-人間の寿命は百八十までのびる-今の道徳水準では二十年後には滅亡-カマキリの牡は人類の男より幸福-男は魔性もの薄情のもの / 189
  • 第1話 わたしの糞尿譚(辰野) / 197
  • 第2話 鳩レースで大当りした話(夢声) / 202
  • 第3話 生命は人工的につくり得るか(林) / 204
  • 第4話 最大の悪、最大の善(田崎) / 209
  • 第十六夜 ゲスト 日夏耿之介 / 213
  • あの人この人-名代のわからず屋は誰れと誰れ-古川ロッパら落第生が集って謝怨会-谷崎も解けなかった難問-伊藤公遭難の時うしろに立っていた男-星亨が殺されたとき腰をぬかした男 / 215
  • 詩人〝探偵小説〟を書く-日高パーティの元祖〝男女交際会〟-ペニス・カプティヴス-むかしなつかし神楽坂、白山-黒田節のもとは二千年前-万朝報で都々逸当選 / 223
  • 第1話 タバコはやめられるか(林) / 232
  • 第2話 本朝〝怪談〟の系譜(日夏) / 235
  • 第3話 合気道〝遊びの精神〟で得をした話(夢声) / 237
  • 第4話 ある二人の結婚初夜(辰野) / 240
  • 第十七夜 ゲスト 幸田文 / 245
  • 「宝の山」を読んだ記憶-勅使にほめられた話-天子様におめにかかった話-忌言葉のむつかしさ-幸田露伴の大叱言 / 247
  • 東京言葉は標準語ではない-敬語のむつかしさ-ニコニコ婦人科は流行らない-露伴と芝浦芸者-露伴の死-死臭をさとって集まる動物-あじさいの見る見る変る爪の色 / 253
  • 第1話 続・糞尿譚(辰野) / 264
  • ウオーターローの戦いと糞 / 264
  • 〝小便づまり〟について / 266
  • 第2話 父・露伴の味覚(幸田) / 269
  • うなぎと玉子 / 269
  • 馬乳酒をつくる / 271
  • 第3話 犬の珍談奇談(夢声) / 274
  • 去勢されて犬々相和す / 274
  • 嚙む嚙むエップリポディ / 277
  • 第4話 現代女中気質(林) / 279
  • 解説 / 285

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 随筆寄席 : 放談千夜
著作者等 徳川 夢声
林 髞
辰野 隆
書名ヨミ ズイヒツ ヨセ : ホウダン センヤ
巻冊次 第2
出版元 春歩堂
刊行年月 1960
ページ数 286p
大きさ 18cm
全国書誌番号
60010620
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想