少女の眼

林恵美子 著

[目次]

  • 花ひらくとき
  • お母さん恵美子も女に / 10
  • 磯の口あけに行って / 19
  • 「あれ」ということ / 38
  • -詩-いそどはいいなあ / 47
  • のびゆく心
  • 切り捨てたゆかたのたもと / 50
  • ええ人って / 69
  • -詩-あご湾を見下ろすと / 78
  • このわくの中で
  • 恵美子の場所 / 82
  • 破らされた手紙 / 94
  • 嫁づとめ / 104
  • 頭のいたくなる話 / 122
  • -詩-ほら貝 / 130
  • 社会の窓
  • ゴルフ場をめぐって / 134
  • 汗の中から / 148
  • 夕映えの海に生きる / 156
  • 『大地』が教えるもの / 169
  • -詩-焼きいも / 175
  • 悲しきものの記録 / 179
  • 女はこうして作られる / 180
  • 愛の日記 / 199
  • 「少女の眼」のあとに / 223
  • 恵美子さんのこと / 225

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 少女の眼
著作者等 林 恵美子
書名ヨミ ショウジョ ノ メ
出版元 光書房
刊行年月 1958
ページ数 230p
大きさ 19cm
NCID BA42437803
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59000235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想