石上露子集

松村緑 編

明治のロマンチシズムの最も清純な流れを代表する稀有の詩人石上露子。多くの人に愛誦された絶唱「小板橋」を始めその作品に心惹かれていた著者が、ここに全作品を収録・紹介し、結婚後、消息を断っていたこの明星派歌人の足跡を辿り全容を明らかにする。明治文学史の貴重な資料でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『明星』時代(詩 小板橋
  • 短歌 八十首
  • 美文)
  • 『冬柏』時代(短歌 二百五十七首)
  • 自伝 落葉のくに

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 『明星』時代
  • 詩 小板橋 / 10
  • 短歌 八十首 / 12
  • 美文
  • 日記より / 29
  • かげろふ / 34
  • 夕 / 37
  • 夢のひと
  • おもかげ / 40
  • 追懷 / 42
  • 『冬柏』時代
  • 短歌 二百五十七首 / 46
  • 自傳 落葉のくに / 99
  • 解說 松村綠 / 153

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 石上露子集
著作者等 松村 緑
石上 露子
書名ヨミ イソノカミ ツユコ シュウ
出版元 中央公論社
刊行年月 1959
ページ数 201p 図版
大きさ 19cm
ISBN 4122020824
NCID BN05836492
BN10824200
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60000454
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想