心中小説名作選

藤本義一 選

家族の残酷な死を、詩の如く昇華した、川端康成「心中」。戦争に翻弄された三人の男女、田宮虎彦「銀心中」。現実から逃避し愛欲に溺れる二人、大岡昇平「来宮心中」。江戸時代の庶民の心中を俯瞰的に物語る、司馬遼太郎「村の心中」。少女と孤独な魂を通わせた男の虚無、笹沢左保「六本木心中」。男女の業と欲の凄まじさを描ききった、梶山季之「那覇心中」。昭和の文豪たちが巧みに描く情念の世界。全6編。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心中小説名作選
著作者等 司馬 遼太郎
大岡 昇平
太宰 治
川端 康成
梶山 季之
水上 勉
田宮 虎彦
笹沢 左保
藤本 義一
野坂 昭如
日本ペンクラブ
書名ヨミ シンジュウ ショウセツ メイサクセン
書名別名 Shinju shosetsu meisakusen
シリーズ名 日本名作シリーズ 8
集英社文庫 8
出版元 集英社
刊行年月 1980.4
ページ数 457p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-08-746377-4
NCID BB24097154
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
80023413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想