肉蒲団(ろうぷうとあん) : 中国奇書

村上知行 訳

[目次]

  • 目次
  • まえがき / 3
  • 第一回 淫をふせぐに淫のお談義話しのはじまりは色の慾から / 11
  • 第二回 皮の袋の思いやり肉の蒲団に悟りの修業 / 17
  • 第三回 頑固な親が大しくじり娘がむかえた浮気婿 / 27
  • 第四回 旅のやどりのさびしさ夜もすがら盗人に聞く色ばなし / 43
  • 第五回 美人えらびの美人帳みあたらないのが「上の上」 / 53
  • 第六回 書生の浅知恵小さいもので大きな恥 / 60
  • 第七回 恨みはものそのものにあり真人に回生の妙術あり / 72
  • 第八回 精進の三月越し友はあきれ 美婦は流し目 / 81
  • 第九回 大きな穴ゆえに苦労あり身代りには人三化七 / 90
  • 第十回 強と弱とは闇でもあきらか明日をちぎるが養生の道 / 99
  • 第十一回 女を奪うにも仁義はあり「愛の巣」を俄かごしらえ / 107
  • 第十二回 詑びるほかに手段はなし角を折ったやきもち女 / 121
  • 第十三回 「背水の陣」糸屋の旅行き「遂心如意」意外の嫁むかえ / 143
  • 第十四回 掘立小屋に女の呻き入浴美人のおもわせぶり / 151
  • 第十五回 豆腐ほど固いものはなし味よき酒は樽の底 / 162
  • 第十六回 女三人とかけて「姦」と解く謎はつづらの中にも / 173
  • 第十七回 秘法いろいろ死んでは甦える女 / 182
  • 第十八回 妻は人のなぶりもの女の中に怪物あり / 198
  • 第十九回 首つりの正体みたり迷いの夢も今はさめ時 / 207
  • 第二十回 菜切刀で畜生退治仏となれぬ人はなし / 226

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 肉蒲団(ろうぷうとあん) : 中国奇書
著作者等 村上 知行
書名ヨミ ニクブトン ロウプウトアン : チュウゴク キショ
書名別名 Nikubuton roputoan
出版元 日本文芸社
刊行年月 1963
ページ数 238p
大きさ 18cm
NCID BB01373037
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63005931
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想