「どん底」開店 : 芸者から店主への血みどろの道を歩いた女性の告白

増田小夜 著

[目次]

  • 目次
  • すぐれた自伝・平林たい子 / 1
  • 執筆のはじめに / 9
  • ひもじい子守り / 12
  • 捨て犬のように / 12
  • おれじゃあねえ / 16
  • もっといいところにいける / 21
  • 売られた先は / 24
  • かっぱのようだよ、この子は / 24
  • バチがとぶ / 27
  • 早く芸者になりたい / 31
  • 四人のねえさんたち / 34
  • 竹実ねえさんの死 / 39
  • 受難 / 44
  • 最初の自殺未遂 / 49
  • 私にも名があった / 52
  • かるたねえさんの善意 / 55
  • 芸に専心 / 59
  • 〝お低〟をかくれみのに / 61
  • 半玉いため / 61
  • 秘密の場所 / 66
  • 新しい仕込みっ子 / 72
  • 不見転ねえさん / 76
  • 色気の練習 / 78
  • ロンパリの身請け / 81
  • 水揚げ / 81
  • 流産 / 84
  • かるたねえさんの住みかえ / 88
  • この社会では / 92
  • お前は性根がある / 96
  • 月子の自殺 / 100
  • 報復 / 105
  • 杉山さん / 110
  • 私は三号 / 110
  • よし、少尉さんをものに / 114
  • 意外な展開 / 119
  • 愛のよろこび / 123
  • 第二の自殺未遂 / 127
  • 流浪 / 134
  • 諏訪を追われて / 134
  • 弟の愛 / 137
  • 三つの道 / 143
  • 終戦 / 147
  • 嫁にはいかれない / 151
  • 弟を夢に / 154
  • きれいな瞳がとめる / 154
  • 安さんという人 / 156
  • 露天商人 / 162
  • ガン兄いを味方に / 166
  • 捨ちゃん救出 / 171
  • マーケットの株を / 177
  • みんな私をおいていく / 183
  • 弟の急死 / 183
  • 墓地の子守り歌 / 187
  • 再会 / 190
  • しあわせな日々 / 192
  • 愛すればこそ / 194
  • のたうつもだえ / 196
  • 幸と不幸 / 199
  • 死神も見はなす / 204
  • 子どもを友に / 206
  • 自作の童話で / 206
  • 二つの鈴 / 212
  • 女中で終わりたくない / 222
  • ネコの手貸してやるよ / 227
  • カタギの水 / 234
  • 重なる失敗 / 234
  • 見解の相違 / 239
  • 魚屋のにわか小僧 / 244
  • 「どん底」開店 / 250
  • 大望の住みか / 250
  • かあさんの怒り / 256
  • 私の商法 / 259
  • ああ、疲れたなあ / 263
  • 悟りはしあわせのように / 267

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 「どん底」開店 : 芸者から店主への血みどろの道を歩いた女性の告白
著作者等 増田 小夜
書名ヨミ ドンゾコ カイテン : ゲイシャ カラ テンシュ エノ チミドロ ノ ミチ オ アルイタ ジョセイ ノ コクハク
出版元 主婦の友社
刊行年月 1963
ページ数 269p
大きさ 18cm
全国書誌番号
63005141
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想