落語名作全集  別巻

小島貞二 編

[目次]

  • 落語名作全集 別巻 高座変人奇人伝
  • もくじ
  • 鼻の円遊と珍芸四天王 / 7
  • 天狗連の大将となる / 7
  • 御家人遊三のおとうと弟子に / 10
  • 空想からさめれば娘の姿はなし / 14
  • 〝美人は正しい〟遊三判事補のメイ裁き / 18
  • 珍芸〝ステテコ踊り〟の誕生 / 21
  • 〝ヘラヘラ〟〝ラッパ〟〝テケレツ〟 / 25
  • 一日に三十軒の寄席を回る / 31
  • 違大な鼻でもモテなかった円遊 / 35
  • 美人に誘われてついてゆけば / 39
  • 〝爆笑落語〟は今もなお / 47
  • <変人さま言行録>
  • 円朝門下の馬鹿三幅対
  • ネズミでもうけた円太郎
  • 落語界長寿番付
  • WCを金庫にしたてた玉輔
  • 円遊門下の変わりだね
  • 気違い馬楽とめくらの小せん / 63
  • 三道楽はまず〝買う〟ことから / 63
  • もらった火事見舞いで吉原へ / 67
  • 監獄を出て小さんにひろわれる / 70
  • 美人に目がなかった文楽 / 75
  • 吉原へ・息の合いすぎるトリオ / 78
  • 西部劇のヒーロー、大年増にとろける / 83
  • 「梅干食って、死んでわびをする」 / 87
  • 病中鳶を失い本年寒し / 92
  • めくらの小せん、江戸ッ子の面目 / 97
  • 「私儀……本日死去仕り候」 / 103
  • <変人さま言行録>
  • いれずみの竹枝とその弟子路橋
  • 柏枝と文治の強情くらべ
  • 小左竜の発明志願
  • チンチクリンのイカタチ円盛
  • 伊藤博文そっくりの六代目可楽
  • 爆笑王歌笑純情伝 / 121
  • 赤ンぼうのときから印刷ズレ / 121
  • 男の一念で、金馬に入門 / 126
  • 「ちょいと、そこの、犬を連れた色男」 / 132
  • 金馬の三道楽 / 138
  • 「歌笑純情詩集」第一号 / 143
  • 指一本もふれないで、初夜の告白 / 149
  • 〝純情詩集〟で戦後の世相をうたう / 156
  • 結婚一年めの新婚旅行珍道中 / 162
  • 破壊されたる顔の所有者…… / 169
  • 歌笑最期の日 / 175
  • 歌笑は生きている / 180
  • <変人さま言行録>
  • 三十六貫七百五十匁の大女照吉
  • 珍芸の天才日本太郎の活躍
  • たばこ吹きわけの春風亭柳人
  • 奇声と珍フェースの横目屋助平
  • 迷子になった三代目小さん
  • 毒舌の人気者、鈴々舎馬風
  • 志ん生酔虎伝 / 199
  • バクチからはじまる志ん生の道楽 / 199
  • ドサ回りで芸をみがく / 204
  • 改名十六回の新記録 / 210
  • 改名タイ記録、ロセンの文慶 / 214
  • 真打披露はボロを着て芸で勝負 / 219
  • コドモハグンジンダヨアンシンオシナ / 224
  • 名人奇人ぞろいの先代たち / 230
  • 酒を飲みに満州へ / 236
  • 悲しくもおかしさをたたえた敗戦流浪日記 / 241
  • 貧乏神、美濃部一家を遠ざかる / 246
  • <変人さま言行録>
  • ライス・カレー服の小文治
  • 夜うち朝がけの絶交屋正岡容
  • 発明狂の南鶴と金語楼
  • 野球迷人のはなし家たち
  • 禁酒番屋を地で行く小柳枝
  • 打ち出し<あとがき> / 263

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 落語名作全集
著作者等 小島 貞二
書名ヨミ ラクゴ メイサク ゼンシュウ
書名別名 Rakugo meisaku zenshu
巻冊次 別巻
出版元 立風書房
刊行年月 1968
ページ数 271p
大きさ 19cm
全国書誌番号
58007490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想