形象学的国文学  第1部 (文学史と通論)

村上清一 著

限定版;附録 (参考書) : 431-417p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 目次
  • 自序
  • 第一章 形象学的国文学 / 1
  • 第一節 形象学 / 1
  • 第二節 比較文学、日本文章史、国語史 / 12
  • 第二章 通論 / 25
  • 第一節 国文学史 / 25
  • 第一項 時代区分 / 25
  • 第二項 展開 / 29
  • 第二節 国文学通論 / 48
  • 第一項 解析(外象、内象、様式) / 48
  • 第二項 證明 / 81
  • 第三章 国文学史 各論 / 91
  • 第一節 古事記 / 91
  • 第二節 人麻呂 / 104
  • 第三節 貫之 / 117
  • 第四節 源氏物語 / 129
  • 第五節 道長時代 / 148
  • 第六節 西行、右京大夫、定家 / 173
  • 第七節 平家物語 / 187
  • 第八節 東海道の文学 / 194
  • 第九節 徒然草 / 201
  • 第十節 室町時代 / 207
  • 第十一節 水無瀬三吟 / 216
  • 第十二節 徳川時代(西鶴と近松を中心として) / 222
  • 第十三節 芭蕉 / 230
  • 第十四節 近松の世話物 / 259
  • 第十五節 明治以後 / 279
  • 第十六節 鷗外 / 292
  • 第十七節 漱石 / 306
  • 第四章 国文学通論 各論 / 323
  • 第一節 国文学の特質と通論への方途 / 323
  • 第二節 地域差、階級別、イズム及び一般文化との相関 / 333
  • 第三節 主要作品の文態 / 346
  • 第四節 国文学批評史、漢文学史 / 362
  • 第五節 浪漫主義と「フモール」 / 379
  • 第六節 「フモール」と形態 / 389
  • 附録 参考書 / 413
  • 跋 / 418

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 形象学的国文学
著作者等 村上 清一
書名ヨミ ケイショウガクテキ コクブンガク
巻冊次 第1部 (文学史と通論)
出版元 河出書房新社
刊行年月 1965
ページ数 419p
大きさ 26cm
NCID BN14019578
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57005776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想