日本自然主義の文学 : およびその周辺

川副国基 著

[目次]

  • 目次
  • 日本自然主義 / 1
  • 一 近代日本の暗さと文学 / 1
  • 二 近代日本文学の発足 / 4
  • 三 浪漫的出発 / 6
  • 四 前期自然主義 / 10
  • 五 転換期 / 16
  • 六 日本自然主義 / 23
  • 自然主義の小説-藤村と花袋を中心に / 51
  • 島村抱月 / 71
  • 島村抱月の問題 / 83
  • 島村抱月についての新事実-その東京専門学校政治科入学について / 101
  • 渡英滞英日記 島村抱月の海外日記について I / 115
  • 一 近代日本文学者の宿命 / 115
  • 二 抱月の洋行 / 118
  • 三 鷗外・漱石・荷風の渡航日記の冒頭 / 122
  • 四 抱月の渡英日記 / 128
  • 五 抱月の着英と当時の英国 / 136
  • 六 抱月の英国生活 / 141
  • 七 結び / 171
  • 滞独帰朝日記 島村抱月の海外日記について II / 175
  • 藤村の随筆について / 197
  • 『文章世界』 / 211
  • 『新小説』 / 223
  • 戦後の自然主義文学研究の展望 / 235
  • 二葉亭四迷論小史 / 247
  • あとがき / 263

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本自然主義の文学 : およびその周辺
著作者等 川副 国基
書名ヨミ ニホン シゼン シュギ ノ ブンガク : オヨビ ソノ シュウヘン
出版元 誠信書房
刊行年月 1957
ページ数 264p
大きさ 22cm
NCID BN10824095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57003160
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想