日本文学の旅  第7 (東海文学散歩 第2 海道編 第2)

野田宇太郎 著

[目次]

  • 知多半島
  • 半田 / 11
  • 知多と真珠 / 11
  • 衣浦と酒の町 / 13
  • 「亀甲鶴」の世界 / 18
  • 美濃半薬局 / 21
  • 風葉文学碑 / 26
  • 貝殻詩碑 / 28
  • 師崎 / 31
  • 師崎街道 / 31
  • 風葉と延命寺 / 33
  • 廣津柳浪と海濱院 / 36
  • 羽豆岬 / 46
  • 知多西岸 / 55
  • 須佐の入江 / 55
  • 内海にて / 57
  • 日本語初訳聖書の碑 / 59
  • 漂流 / 65
  • 良参寺にて / 71
  • 野間大坊 / 74
  • 義朝の最後 / 77
  • 伝説 / 85
  • 大御堂寺土産 / 88
  • 常滑にて / 90
  • 名古屋
  • 名古屋 / 97
  • 金の鯱鉾 / 97
  • 尾張と熱田 / 100
  • 熱田と芭蕉 / 102
  • 林桐葉宅址 / 106
  • 宮の渡し常夜灯の下で / 109
  • 母情の橋 / 112
  • 白鳥と山桜の歌 / 117
  • 熱田前新田にて / 121
  • 津金胤臣の墓 / 126
  • 鳴海と芭蕉 / 129
  • 千鳥塚にて / 132
  • 笠寺観音 / 136
  • 逍遙遺宅 / 141
  • 二葉亭と逍遙-洋学校跡にて / 149
  • 「故郷」と帰省-御園座 / 152
  • 堀川と得月楼 / 157
  • 名古屋に於ける太田正雄 / 163
  • 名古屋大学医学部にて / 175
  • 伊藤圭介の生涯 / 179
  • 伊藤圭介生誕地 / 187
  • 長英と圭介 / 191
  • 長英隠棲の家 / 196
  • 芭蕉の『冬の日』とテレビ塔 / 199
  • 伊勢路と志摩
  • 桑名 / 205
  • 水郷の城下町 / 205
  • 住吉浦にて / 209
  • 船津屋にて / 214
  • 城址と宗社 / 220
  • 名残りの町 / 222
  • 松阪 / 226
  • 伊勢路 / 226
  • 鈴の音 / 230
  • 城のある町 / 232
  • 魚町一丁目 / 236
  • 鈴屋遺宅 / 242
  • 山室山 / 244
  • 伊勢 / 247
  • 伊勢詣 / 247
  • 五十鈴川 / 254
  • 西行と芭蕉 / 257
  • 伊勢とギリシャ / 259
  • 二見浦にて / 263
  • 伊勢の古市 / 269
  • 志摩 / 278
  • 「はしりがね」と真珠 / 278
  • 漂白の詩人、淸白 / 285
  • 小浜診療所と伊良子淸白 / 290
  • 安乗にて / 299
  • 志摩の真珠 / 305
  • 淸白の墓をたずねて / 310

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本文学の旅
著作者等 野田 宇太郎
書名ヨミ ニホン ブンガク ノ タビ
書名別名 Nihon bungaku no tabi
巻冊次 第7 (東海文学散歩 第2 海道編 第2)
出版元 人物往来社
刊行年月 1967
ページ数 307p 図版
大きさ 19cm
NCID BN1102439X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57004983
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想