万葉集全註釈  第10 (本文篇 第8)

武田祐吉 著

[目次]

  • 目次
  • 萬葉集卷の第十三
  • 雜歌二十七首(三二二一-四七) / 8
  • 相聞の歌五十七首(三二四八-三三〇四) / 59
  • 問答の歌十八首(三三〇五-二二) / 143
  • 譬喩の歌一首(三三二三) / 167
  • 挽歌二十四首(三三二四-四七) / 169
  • 萬葉集卷の第十四
  • 東歌
  • 上總の國の雜歌一首(三三四八) / 224
  • 下總の國の雜歌一首(三三四九) / 225
  • 常陸の國の雜歌二首(三三五〇・五一) / 226
  • 信濃の國の雜歌一首(三三五二) / 229
  • 遠江の國の相聞往來の歌二首(三三五三・五四) / 230
  • 駿河の國の相聞往來の歌五首(三三五五-五九) / 233
  • 伊豆の國の相聞往來の歌一首(三三六〇) / 240
  • 相摸の國の相聞往來の歌十二首(三三六一-七二) / 242
  • 武藏の國の相聞往來の歌九首(三三七三-八一) / 254
  • 上總の國の相聞往來の歌二首(三三八二・八三) / 264
  • 下總の國の相聞往來の歌四首(三三八四-八七) / 266
  • 常陸の國の相聞往來の歌十首(三三八八-九七) / 269
  • 信濃の國の相聞往來の歌四首(三三九八-三四〇一) / 277
  • 上野の國の相聞往來の歌二十二首(三四〇二-二三) / 281
  • 下野の國の相聞往來の歌二首(三四二四・二五) / 304
  • 陸奧の國の相聞往來の歌三首(三四二六-二八) / 306
  • 遠江の國の譬喩の歌一首(三四二九) / 309
  • 駿河の國の譬喩の歌一首(三四三〇) / 310
  • 相摸の國の譬喩の歌三首(三四三一-三三) / 311
  • 上野の國の譬喩の歌三首(三四三四-三六) / 315
  • 陸奧の國の譬喩の歌一首(三四三七) / 318
  • いまだ勘へざる國の雜歌十七首(三四三八-五四) / 319
  • いまだ勘へざる國の相聞往來の歌百十二首(三四五五-三五六六) / 336
  • いまだ勘へざる國の防人の歌五首(三五六七-七一) / 436
  • いまだ勘へざる國の譬喩の歌五首(三五七二-七六) / 440
  • いまだ勘へざる國の挽歌一首(三五七七) / 444

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 万葉集全註釈
著作者等 武田 祐吉
書名ヨミ マンヨウシュウ ゼンチュウシャク
書名別名 Man'yoshu zenchushaku
巻冊次 第10 (本文篇 第8)
出版元 角川書店
刊行年月 1957
版表示 増訂版
ページ数 445p
大きさ 19cm
NCID BN02365662
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57000585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想