人間と短歌 : 歌論集

木俣修 著

[目次]

  • 目次
  • I・ 人間と短歌
  • 人間的な歌ごえ / 2
  • 短歌におけるヒューマニズム / 12
  • 咏嘆の問題 / 22
  • 私小説と短歌 / 35
  • 咏嘆と作家の生き方 / 46
  • 吿白ということ / 54
  • 素材の問題 / 65
  • 短歌と肉体 / 71
  • 癩を病む人々の欲求 / 82
  • II・ 戰後短歌の諸問題
  • 断崖に立つ短歌及び歌壇 / 88
  • 短歌滅亡論をめぐつて / 96
  • 戰後四年間の評論について / 111
  • 非世界詩としての短歌 / 122
  • 世界性の問題 / 128
  • 戦後十年 / 137
  • ある日の会話 / 150
  • 多磨短歌会の解散について / 157
  • 結社の文学的立場 / 166
  • III・ 短歌の可能性
  • 短歌における文章構成 / 174
  • 短歌の可能性 / 194
  • 働く人の短歌 / 203
  • 家庭生活と短歌 / 209
  • 短歌指導の問題 / 219
  • 短歌鑑賞の問題 / 229

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人間と短歌 : 歌論集
著作者等 木俣 修
書名ヨミ ニンゲン ト タンカ : カロンシュウ
出版元 新典書房
刊行年月 1956
ページ数 238p
大きさ 19cm
NCID BN12727329
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56009037
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想