明治大正短歌史

斎藤茂吉 著

[目次]

  • 明治大正短歌史
  • 目次
  • 序 / 1
  • 明治大正短歌史槪觀 / 1
  • 第一章 第一期(明治初年-明治十年頃) / 5
  • 第二章 第二期(明治十年頃-明治二十年頃) / 20
  • 第三章 第三期(明治二十年頃-明治三十年頃) / 38
  • 第四章 第四期(明治三十年頃-明治三十五年頃) / 70
  • 第五章 第五期(明治三十六年始頃-明治四十二年) / 106
  • 第六章 第六期(明治四十三年頃-大正三年頃) / 138
  • 第七章 第七期(大正三年頃-現在) / 160
  • 第八章 第八期(現在-) / 179
  • 明治大正短歌史槪觀餘錄
  • 明治大正和歌史 / 239
  • 第一章 德川歌壇連續期、開化黎明期(明治初年-明治十年頃) / 241
  • 第二章 黎明次期、反動出現期(明治十年頃-明治二十年頃) / 254
  • 第三章 國粹論改良論交錯期、新派和歌胎生期(明治二十年頃-明治三十年頃) / 266
  • 第四章 新派和歌の運動(明治三十年頃-明治三十五年頃) / 280
  • 第五章 明星隆盛期、スバル初期(明治三十六年頃-明治四十二年頃) / 304
  • 第六章 自然主義的近代主義的傾向期(明治四十三年頃-大正三年頃) / 311
  • 第七章 アララギ隆盛期(大正三年頃-現在) / 323
  • 第八章 結語 / 332
  • 明治和歌革新運動の序幕に至る迄の考察 / 339
  • 第一 序論 / 341
  • 第二 平賀元義 / 345
  • 第三 橘曙覽 / 347
  • 第四 大隈言道 / 349
  • 第五 井上文雄 / 351
  • 第六 八田知紀 / 352
  • 第七 僧辨玉 / 354
  • 第八 丸山作樂 / 357
  • 第九 僧愚庵 / 361
  • 第十 福本日南 / 363
  • 第十一 僧禮嚴 / 365
  • 第十二 海上胤平 / 368
  • 第十三 落合直文(附鮎貝槐園) / 373
  • 第十四 新派の各派其の他 / 377
  • 第十五 結語 / 386
  • 山縣有朋の歌・福本日南の事 / 395
  • 明治和歌史話斷片 / 407
  • 索引 / 423

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 明治大正短歌史
著作者等 斎藤 茂吉
書名ヨミ メイジ タイショウ タンカシ
書名別名 Meiji taisho tankashi
出版元 中央公論社
刊行年月 1950
ページ数 453p
大きさ 22cm
NCID BN09377659
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51008409
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想