近代日本文学のなりたち : 家と自我

瀬沼茂樹 著

[目次]

  • 目次
  • I
  • 一 近代文学における自我の問題 / 3
  • 二 前期自然主義文学-ゾライスムを中心として- / 26
  • 三 個人主義と漱石 / 46
  • 四 白樺派の人間主義 / 57
  • 五 二つの実驗-新しき共生農園- / 73
  • 六 「民衆藝術論」前後 / 87
  • 七 新感覚派 / 106
  • 八 日本ファシズムと文学 / 136
  • II
  • 九 自然主義文学における「家」 / 159
  • 一〇 文学に現れた「家」 / 186
  • あとがき / 252

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近代日本文学のなりたち : 家と自我
著作者等 瀬沼 茂樹
書名ヨミ キンダイ ニホン ブンガク ノ ナリタチ : イエ ト ジガ
書名別名 Kindai nihon bungaku no naritachi
出版元 河出書房
刊行年月 1951
ページ数 253p
大きさ 19cm
NCID BN08599112
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51002139
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想