[日本学術振興会]学術部第4小委員会報告  16

日本学術振興会 編

[目次]

  • 高壓容器ノ熔接
  • 目次
  • 1. 序文 / 1
  • 2. 壓力罐ニ熔接々手ヲ必要トスル理由 / 2
  • 3. 世界各國ニ於ケル熔接製罐胴ノ大勢 / 8
  • 4. 壓力罐ノ熔接ニ關スル各國ノ規格 / 9
  • 5. 熔接規格ノ分類ト其ノ內容ニ關スル考査 / 51
  • 6. 各試驗法ノ說明 / 57
  • 7. 熔接棒芯線 / 77
  • 8. 熔接棒ノ被覆劑 / 79
  • 9. 直流ト交流トノ比較 / 92
  • 10. 熔接電壓及ビ電流ノ選擇 / 95
  • 11. 熔接棒徑大小ノ選擇 / 105
  • 12. 熔接ノ姿勢ト運筆法 / 128
  • 13. 接手ノ形 / 134
  • 14. 熔接部ノ冶金學的組織 / 141
  • 15. 內部應力及ビソレニ基ヅク龜裂ノ發生並ニ之ガ防止策トシテ鎚打(ぴーにんぐ)ノ效果 / 155
  • 16. 燒鈍 / 164
  • 17. 補强盛リニ就テ / 169
  • 18. 熔接ニ依ル歪 / 171
  • 19. 熔接部ノ機械的性質 / 172
  • 20. 熔接部ノ腐蝕 / 198
  • 21. 壓力罐ノ製作 / 202
  • A. 試驗罐ノ製作ト之ガ加壓破壞試驗 / 202
  • (i) 罐胴ノ主ナル寸法 / 203
  • (ii) 熔接方法 / 203
  • (iii) 熔接ニ依ル罐胴ノ歪 / 204
  • (iv) 熔接作業中ニ於ケル母板ノ溫度上昇 / 210
  • (v) X線檢査 / 212
  • (vi) 燒鈍 / 213
  • (vii) 水壓試驗 / 213
  • (viii) 破壞試驗 / 213
  • (ix) 熔接部ノ諸性質 / 217
  • (x) 罐胴母板ノ材質 / 230
  • B. 無水酒精滲透罐ノ製作 / 231
  • イ、 本罐ノ寸法 / 231
  • ロ、 使用ノ條件 / 231
  • ハ、 熔接ノ條件 / 231
  • ニ、 熔接々手ノ形 / 231
  • ホ、 作業順序 / 232
  • ヘ、 縦接手熔接作業 / 235
  • ト、 圓周接手熔接順序 / 235
  • チ、 熔接ノ歪 / 235
  • リ、 水壓試驗 / 238
  • ヌ、 X線檢査 / 241
  • ル、 熔接部ノ組織 / 242
  • ヲ、 熔接部ノ機械的性質 / 245
  • C、 高壓高溫汽罐胴ノ全熔接製作 / 245
  • イ、 熔接工ノ技倆檢定試驗 / 246
  • ロ、 工作法 / 247

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 [日本学術振興会]学術部第4小委員会報告
著作者等 日本学術振興会
書名ヨミ ニホン ガクジュツ シンコウカイ ガクジュツブ ダイ4 ショウイインカイ ホウコク
書名別名 Nihon gakujutsu shinkokai gakujutsubu dai4 shoiinkai hokoku
巻冊次 16
出版元 日本学術振興会
刊行年月 昭和16
ページ数 9冊
大きさ 26cm
全国書誌番号
46041507
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想