短歌の作り方

窪田空穂 著

[目次]

  • 目次
  • 第一篇 短歌とはどういふものか / 3
  • 一 短歌を作りたい氣は起きるが、誰にでも作れるものかどうか / 3
  • 二 歌の特色は何處にあるか / 6
  • (1) 散文と詩 / 6
  • (2) 詩としての形式 / 11
  • 三 三十一音を如何に扱ふべきか / 16
  • 四 歌の調べとは何か / 20
  • 五 一首の內容 / 25
  • 六 複雜の單純化 / 29
  • 七 複雜の單純化をなさせるものとしての調べ / 34
  • 第二篇 短歌の內容 / 39
  • 一 歌は心を表現したもの / 39
  • 二 心の相その一 / 44
  • 三 心の相その二 / 50
  • 四 實際と想像 / 53
  • 五 心の言ひ現はし方 / 57
  • 第三篇 言葉について / 63
  • 一 短歌と言葉 / 63
  • 二 言葉の適否 / 66
  • 三 言葉は直線的なれ / 70
  • 四 調べの本質 / 74
  • 五 短歌と調べ / 77
  • 六 調べを得る方法 / 80
  • 第四篇 作歌の實際上の注意 / 89
  • 一 讀者を眼中に置くな / 89
  • 二 多讀多作 / 92
  • 三 實感は卽座に詠むべきか / 96
  • 四 語感の相違 / 99
  • 五 如何なる古語も現代語 / 104
  • 六 統一した味ひについて / 110
  • 七 推敲といふこと / 117
  • 第五篇 添削しつつ / 119
  • 第六篇 歌を詠みはじめた人に / 143
  • 一 短歌初心者のために / 143
  • 二 歌の勉强 / 155
  • 三 歌を詠む心 / 163
  • 四 歌の詠み難さ / 169
  • 五 誠足らず / 175
  • 六 心の餘裕 / 182
  • 七 作歌態度の上の二つの疑問 / 187
  • 第七篇 短歌のあゆみ / 193
  • 一 短歌形式の確立するまで / 193
  • 二 短歌の內容とその變遷 / 194
  • 三 萬葉集の歌 / 199
  • 四 古今集の歌(平安朝の歌) / 220
  • 五 新古今集の歌 / 240
  • 六 江戶時代の歌 / 249
  • 七 現代の短歌 / 259
  • (1) 明治時代 / 259
  • (2) 大正・昭和時代 / 267
  • 八 結語 / 275
  • 第八篇 現代名歌の解說 / 277

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 短歌の作り方
著作者等 窪田 空穂
書名ヨミ タンカ ノ ツクリカタ
書名別名 Tanka no tsukurikata
出版元 雄鶏社
刊行年月 1950
ページ数 294p
大きさ 19cm
NCID BA39599501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
50004825
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想