終りを待ちながら

レスリー・A.フィードラー 著 ; 井上謙治, 徳永暢三 訳

1920年代から1960年代前半までのアメリカ文学の推移を扱い、現代アメリカ社会に混迷と危機的状況の文学への反映、その帰結としての小説の終焉を豊かな想像力と卓抜な認識力で論証する斬新な文学論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 長老たちの死
  • 第2章 戦争、国外流浪、名誉の終焉
  • 第3章 30年代の始まり-不況、帰還、再生
  • 第4章 30年代の終焉-人工楽園と現実の地獄
  • 第5章 大通りとしてのシオン
  • 第6章 ユダヤ系アメリカ人よ、出てゆけ!
  • 第7章 インディアンかインジャンか?
  • 第8章 勝負はついた
  • 第9章 学園(アカデミー)との戦い
  • 第10章 意識の変革
  • 第11章 小説の終焉
  • 第12章 裏切り者か桂冠詩人か-二つの詩人裁判
  • 第13章 断たれざる伝統
  • 第14章 郊外へ-狂気への怖れと<私(アイ)>の死
  • 第15章 カフェーの中へ-ある解決

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 終りを待ちながら
著作者等 Fiedler, Leslie A
Fiedler, Leslie A.
井上 謙治
徳永 昭三
徳永 暢三
フィードラー レスリー・A.
書名ヨミ オワリ オ マチナガラ
書名別名 Owari o machinagara
シリーズ名 アメリカ文学の原型 2
出版元 新潮社
刊行年月 1972
ページ数 258p
大きさ 20cm
ISBN 4105066048
NCID BN03548260
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
75025594
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想