猪苗代兼載 : 兼載故郷へ帰る

上野白浜子 著

[目次]

  • 目次
  • 「兼載故郷へ帰る」
  • 1、 白河に春来るを待つ / 3
  • 2、 会津の山河兼載を迎こう / 4
  • 3、 熱と努力の詩人猪苗代兼載 / 7
  • 4、 愛郷の人猪苗代兼載 / 11
  • 5、 兼載の誹諧百韻 / 13
  • 6、 兼載翁の四百五十年祭 / 17
  • 7、 岩城への旅 / 18
  • 8、 宗祇の跡を弔ろう兼載 / 20
  • 9、 再び会津への旅 / 20
  • 10、 兼載を優遇する芦名盛高 / 21
  • 11、 竹林抄の講義と会津連歌の盛况 / 23
  • 12、 兼載には妻子があつた / 27
  • 13、 兼載と耕閑軒記 / 28
  • 14、 兼載京都を去る / 31
  • 15、 芦名氏の争乱と祈禱百韻 / 33
  • 16、 長弘万句の一考察 / 34
  • 17、 旅情は哀なし兼載の旅 / 35
  • 18、 発表された句集園塵第四 / 37
  • 19、 広憧宛の書簡とその合点 / 38
  • 20、 旅人兼載 / 40
  • 兼載雑感 / 45

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 猪苗代兼載 : 兼載故郷へ帰る
著作者等 上野 白浜子
書名ヨミ イナワシロ ケンサイ : ケンサイ コキョウ エ カエル
出版元 上野白浜子
刊行年月 1960
ページ数 58p 図版
大きさ 26cm
NCID BA44171285
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60011802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想