中国詩人選集  第8巻

吉川幸次郎, 小川環樹 編集ならびに校閲

[目次]

  • 目次
  • 解説 / 5
  • 楽府
  • 蜀道難 / 23
  • 梁甫吟 / 30
  • 烏夜啼 / 41
  • 烏棲曲 / 42
  • 城南に戦う / 44
  • 将に酒を進めんとす / 46
  • 行行且遊猟篇 / 50
  • 行路難 / 52
  • 長相思 / 54
  • 前有樽酒行 二首 / 56
  • 夜坐吟 / 59
  • 日出入行 / 61
  • 北風の行 / 64
  • 関山の月 / 67
  • 楊叛児 / 68
  • 王昭君 / 70
  • 荊州の歌 / 71
  • 相逢行 / 72
  • 久別離 / 72
  • 白頭吟 / 74
  • 採蓮曲 / 79
  • 長干行 / 80
  • 古朗月行 / 83
  • 白紵辞 二首 / 86
  • 塞下の曲 六首 / 89
  • 玉階怨 / 97
  • 襄陽の曲 四首 / 97
  • 大堤の曲 / 101
  • 宮中行楽詞 八首 / 102
  • 清平調詞 三首 / 114
  • 丁都護の歌 / 116
  • 少年行 / 118
  • 高句驪 / 119
  • 静夜の思い / 120
  • 淥水の曲 / 121
  • 春の思い / 122
  • 秋の思い / 123
  • 子夜呉歌 四首 / 124
  • 估客の行 / 128
  • 長相思 / 129
  • 古風
  • その一 大雅久しく作らず / 132
  • その三 秦皇六合を掃いて / 135
  • その五 太白何ぞ蒼蒼たる / 139
  • その六 代馬は越を思わず / 142
  • その七 客に鶴上の仙有り / 144
  • その八 咸陽二三月 / 146
  • その九 荘周蝴蝶となるを夢み / 148
  • その十 斉に倜儻の生有り / 150
  • その十一 黄河は東溟に走り / 152
  • その十二 松柏本孤直 / 153
  • その十四 胡関風沙饒く / 156
  • その十五 燕昭郭隗を延き / 158
  • その十八 天津三月の時 / 160
  • その十九 西のかた蓮花山に上れば / 164
  • その二十三 秋露は白くして玉の如く / 167
  • その二十四 大車飛塵を揚げ / 169
  • その二十六 碧荷幽泉に生じ / 171
  • その三十四 羽檄流星の如く / 172
  • その四十 鳳は飢うるも粟を啄ばまず / 176
  • その四十八 秦皇宝剣を按じ / 178
  • その五十四 剣に倚って高台に登り / 180
  • その五十九 惻惻として路岐に泣き / 181
  • 年譜 / 185
  • 跋 / 207
  • 略図

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 中国詩人選集
著作者等 吉川 幸次郎
小川 環樹
小川環樹 編集ならびに
書名ヨミ チュウゴク シジン センシュウ
書名別名 李白. 下

Chugoku shijin senshu
巻冊次 第8巻
出版元 岩波書店
刊行年月 1958
ページ数 210p 図版 地図
大きさ 18cm
全国書誌番号
56006984
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
李白. 下 武部利男
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想