昭和文学全集  第16 (亀井勝一郎,中村光夫,福田恒存集)

[目次]

  • 目次
  • 卷頭寫眞 龜井勝一郞 中村光夫 福田恆存
  • 龜井勝一郞集
  • 筆蹟
  • 人間敎育 / 7
  • イタリアへの旅 / 7
  • ワイマールの嘆き / 7
  • 漂泊者(古代的・近代的) / 15
  • 異敎徒 / 24
  • ローマ / 28
  • 信仰について / 36
  • 信仰の無償性 / 36
  • 愛の無常について / 49
  • 罪の意識について / 49
  • 一 人間崩壞 / 49
  • 二 本能的な理性的な / 55
  • 三 美を創造する者 / 63
  • 聖德太子 / 70
  • 上代思想家の悲劇 / 70
  • 大和古寺風物誌 / 79
  • 法隆寺 / 79
  • 初旅の思ひ出 / 79
  • 金堂の春 / 82
  • 藥師寺 / 83
  • 春 / 83
  • 塔について / 86
  • 東大寺 / 87
  • 大佛殿にて / 87
  • 不空羂索觀音 / 91
  • 美貌の皇后 / 95
  • 美貌の皇后 / 95
  • 中尊寺 / 101
  • 吉野の山 / 108
  • 古塔の天女 / 115
  • 箴言 / 78
  • 箴言 / 94
  • 解說 武田泰淳 / 122
  • 年譜 / 124
  • 中村光夫集
  • 筆蹟
  • 風俗小說論-近代リアリズム批判 / 129
  • 近代リアリズムの發生-風葉・藤村・花袋 / 129
  • 近代リアリズムの展開 / 148
  • 近代リアリズムの變質 / 154
  • 近代リアリズムの崩壞-橫光・武田・丹羽 / 163
  • 異邦人論 / 179
  • 二十世紀の小說 / 204
  • 笑ひの喪失-近代日本文學の一性格 / 204
  • 戰爭まで / 224
  • ロアルの宮殿 / 224
  • ロッシュの城 / 224
  • ルネッサンスの宮殿 / 230
  • シュノンソーの離宮 / 239
  • ジィドへの手紙 / 202
  • 解說 大岡昇平 / 245
  • 年譜 / 247
  • 福田恆存集
  • 筆蹟
  • 藝術とはなにか-藝術と文明- / 251
  • 1 呪術について / 251
  • 2 呪術の現代的考察 / 256
  • 3 演戲といふこと / 258
  • 4 演戲精神の衰退 / 262
  • 5 選民の藝術 / 266
  • 6 辨證の藝術 / 271
  • 7 意匠の藝術 / 273
  • 8 視覺の優位 / 276
  • 9 カタルシスといふこと / 280
  • 10 ふたゝびカタルシスについて / 287
  • 11 藝術とはなにか-結論として / 293
  • あとがき / 297
  • 作家の態度 / 299
  • 芥川龍之介 / 299
  • 1 文學史的位置について / 299
  • 2 比喩について / 301
  • 3 風景について / 305
  • 4 文體について / 309
  • 5 古典と現代について / 312
  • 6 文化意思と虛無思想について / 318
  • 7 暗鬱地帶について / 324
  • 8 無抵抗主義について / 329
  • 9 詩的正義について / 334
  • 龍を撫でた男(戲曲) / 343
  • 無償の讀書 / 298
  • 諷刺の地盤 / 342
  • 解說 三島由紀夫 / 379
  • 年譜 / 381

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 昭和文学全集
書名ヨミ ショウワ ブンガク ゼンシュウ
巻冊次 第16 (亀井勝一郎,中村光夫,福田恒存集)
出版元 角川書店
刊行年月 1953
ページ数 382p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
56008375
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想