萩原朔太郎全集  第7巻 (詩人・作家論)

[目次]

  • 詩人論
  • 與謝野鐵幹
  • 與謝野鐵幹のこと / 8
  • 與謝野鐵幹論 附鳳晶子論 / 10
  • 蒲原有明
  • 蒲原有明氏の近況を聞いて / 30
  • 日本詩と日本詩人 / 32
  • 石川啄木
  • ヒューマニストとしての啄木 / 36
  • 野口米次郞
  • 野口米次郞論 / 38
  • 山村暮鳥
  • 日本に於ける未來派の詩とその解說 / 46
  • 山村暮鳥のこと / 49
  • 日夏耿之介
  • 『轉身の頌』を論じ併せて自家の態度を表明す / 60
  • 生田春月
  • 生田春月氏に就いて / 68
  • 無名詩人への供養 / 69
  • 辻潤
  • この人を見よ / 73
  • 辻潤と螺旋道 / 75
  • 辻潤と低人敎 / 78
  • 大手拓次
  • 敎異邦人としての鄕土詩人 / 82
  • 『藍色の蟇』 / 84
  • 大手拓次君の詩と人物 / 85
  • 堀口大學
  • 堀口大學君の詩に就いて / 95
  • 室生犀星
  • 詩集のはじめに / 100
  • 靑き魚を釣る人 / 103
  • 愛の詩集の終りに / 105
  • 室生犀星君の心境的推移について / 111
  • 田端に居た頃 / 119
  • 西脇順三郞
  • 西脇順三郞氏の詩論 / 126
  • 伊藤靜雄
  • 『わがひとに與ふる哀歌』 / 133
  • 作家と作品
  • 漂白者の文學(永井荷風) / 140
  • 春琴抄の詩精神(谷崎潤一郞) / 144
  • 思想人としての谷崎潤一郞と正宗白鳥 / 146
  • 芥川龍之介の追憶 / 152
  • 芥川龍之介の小斷想 / 155
  • 文藝に於ける道德性の本質 / 158
  • 外國作家に就て
  • ポオ、ニイチエ、ドストイエフスキイ / 162
  • ニイチエに就いての雜感 / 169
  • 仇敵の間に立ちて / 176
  • 初めてドストイエフスキイを讀んだ頃 / 178
  • 詩の鑑賞
  • 與謝野鐵幹の詩 / 182
  • 蒲原有明の詩 / 186
  • 北原白秋の詩 / 199
  • 室生犀星の詩 / 204
  • 大正の長詩鑑賞 / 210
  • 現代詩の鑑賞 / 222
  • 難解の詩について / 229
  • 詩人についての斷片
  • 五人の詩人 / 236
  • 『四季』同人印象記 / 244
  • 追憶 / 250
  • 解說・伊藤信吉 / 257

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 萩原朔太郎全集
著作者等 萩原 朔太郎
書名ヨミ ハギワラ サクタロウ ゼンシュウ
書名別名 Hagiwara sakutaro zenshu
巻冊次 第7巻 (詩人・作家論)
出版元 創元社
刊行年月 1951
ページ数 258p 図版
大きさ 19cm
全国書誌番号
56010684
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想