剣聖剣豪秘話

鷲尾雨工 著

[目次]

  • 目次
  • 宮本武蔵
  • 巖流の年齢 / 7
  • 武蔵の心裡と作戦 / 11
  • 決闘 / 14
  • 朝に鍛え夕に錬る / 18
  • 武蔵の真価 / 21
  • 武蔵非名人論 / 22
  • 『禄高論』 / 30
  • 再び巖流の年齢 / 41
  • 塚原卜伝
  • 卜伝の氏素性 / 46
  • 多芸懐古 / 47
  • 卜伝の強さ / 49
  • 知れ過ぎた逸話 / 52
  • 剣豪への薄遇 / 54
  • 卜伝の『一の太刀』 / 55
  • 多芸御所
  • 上泉来訪 / 58
  • 柳生谷へ / 60
  • 上泉と柳生の優劣 / 63
  • 織田と北畠 / 65
  • 末期の置土産 / 68
  • 伊藤一刀斎
  • 酒癖色癖 / 73
  • 甕割丸の由来 / 76
  • 一刀流の自得 / 77
  • 『地摺りの晴眼』の留様 / 81
  • 豪力無双の善鬼 / 83
  • 神子上典膳の入門 / 87
  • 神子上典膳
  • 一刀流奥儀 / 90
  • 秘伝 / 92
  • 小金ヶ原決闘 / 94
  • 善鬼松 / 98
  • 鬼に縁のあった典膳 / 100
  • 出仕 / 102
  • 改名後 / 105
  • 柳生宗厳
  • 挙上の隼鷹 / 109
  • 石舟斎の神技 / 111
  • 柳生系図 / 112
  • 松永と柳生 / 114
  • 柳生流 / 115
  • 柳生流二世 / 117
  • 沢庵和尚の忠告 / 119
  • 宗矩の逸話 / 120
  • 兵庫介利厳 / 123
  • 柳生五郎右衛門 / 125
  • 御流儀のために / 126
  • 荒木又右衛門
  • その師匠 / 128
  • 三厳の強さ / 130
  • 又右衛門保和の技倆 / 134
  • 色若衆の死 / 136
  • 池田侯の憤死 / 139
  • 仇討よりも上意討 / 140
  • 鍵屋の辻 / 142
  • 仇討後 / 146
  • 又右衛門は何故に頓死しなければならなかったか / 147
  • 荒木の子孫 / 149
  • 拾遺断片 / 151
  • 諸岡一羽
  • 業病 / 156
  • 兎角の逃避 / 159
  • 一羽の死 / 163
  • 泥之助の祈願 / 165
  • 小熊の挑戦 / 167
  • 橋上の仕合 / 169
  • 勝負評 / 171
  • 上泉信綱
  • 上野国一本槍 / 173
  • 箕輪の落城 / 174
  • 信綱と一無頼漢 / 178
  • 伝説と相違の弁 / 180
  • 信綱と山本勘介 / 181
  • 贔屓の引倒し / 182
  • 喜連川茂氏
  • 近世無雙の強弓 / 184
  • 弓師吉兵衛 / 187
  • 弓勢検分 / 191
  • あとがき・鷲尾倫子 / 195

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 剣聖剣豪秘話
著作者等 鷲尾 雨工
書名ヨミ ケンセイ ケンゴウ ヒワ
シリーズ名 歴史新書
出版元 鱒書房
刊行年月 1955
ページ数 197p
大きさ 18cm
NCID BA52969478
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56003227
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想