高村光太郎選集  第2巻 (大正元-12年)

[目次]

  • 目次
  • 詩 友の妻 / 3
  • 泥七宝(四) / 8
  • 人に / 10
  • ヹネチヤの旅人 / 13
  • 怨言 / 17
  • 夏の夜の食慾 / 20
  • 或る夜のこころ / 25
  • 涙 / 27
  • おそれ / 28
  • 泥七宝(五) / 32
  • 犬吠の太郎 / 34
  • カフエにて / 37
  • 冬が来る / 38
  • 或る宵 / 39
  • カフエにて / 42
  • 夜 / 42
  • 狂者の詩 / 44
  • 郊外の人に / 47
  • 冬の朝のめざめ / 49
  • カフエにて / 51
  • 師走十日 / 52
  • 戦闘 / 54
  • 人に / 58
  • カフエにて / 60
  • 深夜の雪 / 61
  • 人類の泉 / 63
  • よろこびを告ぐ-TO B.LEACH- / 66
  • 冬の詩 / 70
  • 冬が来た / 78
  • 粘土 / 79
  • 牛 / 89
  • 僕等 / 95
  • あたり前 / 98
  • 現実 / 99
  • 道程 / 99
  • 晩䬸 / 100
  • 評論 彫刻に関する二三の感想 / 103
  • 随筆 所感 / 110
  • 評論 言ひたい事を言ふ / 112
  • 評論 大正博覧会の彫刻をみて所感を記す / 119
  • 評論 印象主義の思想と芸術 / 123
  • 一 概観 / 123
  • 二 エドワール マネ / 154
  • 三 クロード モネ及び新印象派画家 / 177
  • 四 アルフレ シスレー / 184
  • 五 カミーユ ピサロ / 186
  • 六 オーギユスト ルノワール / 190
  • 七 エドガー ドガ其他 / 197
  • 八 ポール セザンヌ、附、後期印象派 / 205
  • 九 附言 / 218
  • 年表 / 219
  • 詩 妹に / 225
  • 猫 / 228
  • 小娘 / 229
  • (奇麗にお化粧した) / 231
  • メロン / 232
  • 丸善工場の女工達 / 234
  • 評論 文展分評 彫刻 / 237
  • 随筆 彫刻家ガツトソン ボーグラム氏 / 255
  • 随筆 高村光太郎彫刻会趣意 / 261
  • 評論 ロダンに就いて二三の事 / 263
  • 翻訳 ロダンの言葉・続ロダンの言葉(捗) / 269
  • 訳詩 明るい時(エミイル ヹルハアラン)-私の傍に生きる者へ / 290
  • 詩 雨にうたるるカテドラル / 310
  • ラコツチイ マアチ / 316
  • 米久の晩䬸 / 320
  • クリスマスの夜 / 324
  • 真夜中の洗濯 / 327
  • 下駄 / 328
  • 冬の送別 / 329
  • 五月のアトリエ / 333
  • 沙漠 / 337
  • 落葉を浴びて立つ / 338
  • 冬の子供 / 342
  • 樹下の二人-みちのくの安達が原の二本松松の根かたに人立てる見ゆ- / 344
  • Abraham Lincoln / 346
  • 鉄を愛す / 351
  • とげとげなエピグラム / 353
  • (詩歌の城に) / 363
  • 随筆 「一隅の卓」より 二 / 364
  • 解題1 <自然>の位置・吉本隆明 / 367
  • 解題2 第二巻収録作品について・北川太一 / 382

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 高村光太郎選集
著作者等 高村 光太郎
書名ヨミ タカムラ コウタロウ センシュウ
書名別名 Takamura kotaro senshu
巻冊次 第2巻 (大正元-12年)
出版元 春秋社
刊行年月 1967
ページ数 432p 図版
大きさ 20cm
全国書誌番号
56003580
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想