ローマ共和政

アンドレ・クレリシ, アントワーヌ・オリヴェジ 共著 ; 高田邦彦, 石川勝二 共訳

五〇〇年の長い歴史を三期にわけて解説。ローマは王政を倒し「自由な」新体制に移行する。また、覇権を賭けて多くの国と争い、揺るぎない地位を確立した。その戦争から得た莫大な富が建築ブームをもたらしたが、最後の一世紀は内乱の時代となり「自由な共和政」は終焉を迎える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 ローマ共和政の始まり(共和政はどのように誕生するか?
  • 自由の見習期間
  • 民主政の見習期間 ほか)
  • 第2章 活力のある時代(ローマ市
  • 行動するローマ共和政
  • イタリアの征服 ほか)
  • 第3章 栄光と悲惨(これは別の国民か?
  • 理想の共和政
  • 不安定な均衡 ほか)
  • 終章 共和政はどのように死んだか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローマ共和政
著作者等 Clérici, André
Hinard, François
Olivesi, Antoine
石川 勝二
高田 邦彦
Hinard Fran〓ois
イナール フランソワ
書名ヨミ ローマ キョウワセイ
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1969
版表示 新版
ページ数 160p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-50986-9
NCID BB14317480
BN01860349
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73002562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想