法理学の諸問題 : 加藤新平教授退官記念

加藤新平教授退官記念論文集編集委員会 編

この本の情報

書名 法理学の諸問題 : 加藤新平教授退官記念
著作者等 三代川 潤四郎
三島 淑臣
世良 晃志郎
井上 茂
八木 鉄男
加藤 新平
千葉 正士
大橋 智之輔
天野 和夫
小林 直樹
山川 雄巳
平野 秩夫
恒藤 武二
村松 岐夫
植松 秀雄
水波 朗
片岡 昇
田中 成明
矢崎 光圀
碧海 純一
稲垣 良典
立石 龍彦
青井 秀夫
加藤新平教授退官記念論文集編集委員会
書名ヨミ ホウリガク ノ ショモンダイ
出版元 有斐閣
刊行年月 1976
ページ数 581p 肖像
大きさ 22cm
NCID BN0110004X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
72005105
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
J・ベンサムとその功利主義思想について 恒藤 武二
「良き古き法」と中世的法観念 世良 晃志郎
イギリス労使関係法の崩壊とヴォランタリズム 片岡 昇
パーソンズの政治権力理論 山川 雄巳
人間学への序説 : 「法哲学以前」の問題覚書 小林 直樹
個人の尊厳と普遍の法則 井上 茂
国家というもの 立石 龍彦
国家の法律的根拠づけ 水波 朗
婚姻の人倫性と市民社会 : ヘーゲルのカント婚姻論批判をめぐって 三島 淑臣
戦後日本における法解釈論 天野 和夫
法と紛争の相対性 : 「紛争と秩序の連続性」理論より 千葉 正士
法と習慣 稲垣 良典
法・権利・裁判についての一考察 : 法の分析枠組覚え書 田中 成明
法哲学の課題に関する一反省 : 特に法哲学における世界観の問題をめぐって 碧海 純一
法哲学史としての法哲学 : 最古代後期を主とする一素描 平野 秩夫
法実証主義と価値相対主義 八木 鉄男
法律学の教養学性 植松 秀雄
法思考と「現実」 : カール・エンギッシュの法哲学についての若干の予備的考察 青井 秀夫
現代アメリカ法理論の形成過程について : ハーヴァード・ロー・スクールにおける印象記 矢崎 光圀
行政学における「選択」アプローチ 村松 岐夫
西周の法・社会観 大橋 智之輔
連続性(特にタテの連続性)の原理についての覚書 : 穂積・中川両博士の相続の根拠の理論を中心として 三代川 潤四郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想