少年少女世界文学全集  23(ドイツ編 6)

伊藤貴麿 等編

[目次]

  • 飛ぶ教室・エーリヒ・ケストナー作 小松太郎訳 / 9
  • まえがき その一 / 11
  • まえがき その二 / 15
  • 第一章 / 22
  • 第二章 / 34
  • 第三章 / 42
  • 第四章 / 51
  • 第五章 / 65
  • 第六章 / 77
  • 第七章 / 88
  • 第八章 / 99
  • 第九章 / 107
  • 第十章 / 120
  • 第十一章 / 132
  • 第十二章 / 142
  • あとがき / 151
  • 点子ちゃんとアントン・エーリヒ・ケストナー作 高橋健二訳 / 157
  • まえおきはなるたけみじかく / 159
  • 第一章 点子ちゃんが芝居をする / 161
  • 第二章 アントンは料理もできる / 170
  • 第三章 いぬのひげそり / 178
  • 第四章 二、三の意見の相違 / 185
  • 第五章 歯の自宅療法 / 190
  • 第六章 子どもの夜業 / 195
  • 第七章 アンダハト嬢、ほろよいきげん / 201
  • 第八章 ブレムゼル先生、真相を知る / 206
  • 第九章 アントンの母親の失望 / 211
  • 第十章 あやうく不幸をまぬがれる / 216
  • 第十一章 ポッゲ氏の探偵修業 / 222
  • 第十二章 クレッペルバイン、十マークとびんたを一つかせぐ / 226
  • 第十三章 でぶのベルタ、こんぼうをふるう / 231
  • 第十四章 夜会服どろまみれ / 236
  • 第十五章 警官、タンゴをおどる / 242
  • 第十六章 おわりよければ、すべてよし / 247
  • みじかいあとがき / 254
  • エミールとかるわざ師・エーリヒ・ケストナー作 植田敏郎訳 / 255
  • 十まいの絵がまず話題になります / 257
  • 第一章 イェシュケ巡査部長のたのみごと / 262
  • 第二章 ベルリンからの手紙とベルリンヘの手紙 / 269
  • 第三章 エミール動きはじめる / 277
  • 第四章 「海べ」の別荘 / 285
  • 第五章 バルト海でのめぐりあい / 294
  • 第六章 グスターフと物理学 / 306
  • 第七章 コルルスビュッテルの寄席 / 315
  • 第八章 三人めのふたごがあらわれる / 323
  • 第九章 探偵たちどうしで / 333
  • 第十章 水と陸の冒険 / 344
  • 第十一章 旅券の検査 / 354
  • 第十二章 船長の帰り / 368
  • 第十三章 それからの処置 / 376
  • 第十四章 まじめな会話 / 386
  • 第十五章 上映のおわり / 397
  • 解説・植田敏郎 小松太郎 高橋健二 / 409
  • 読書指導・読書指導研究会 滑川道夫 亀村五郎 / 416

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 少年少女世界文学全集
著作者等 伊藤 貴麿
書名ヨミ ショウネン ショウジョ セカイ ブンガク ゼンシュウ
巻冊次 23(ドイツ編 6)
出版元 講談社
刊行年月 昭和34
ページ数 422p
大きさ 23cm
全国書誌番号
45031346
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想