艶筆好色一代女

水上準也 著

[目次]

  • 目次
  • 発端(都に沙汰の女たづねてむかし物語りをきけば……) / 15
  • 舞曲の遊興(あれを知らざるや、祇園町の、それ……) / 17
  • 淫婦の美形(丸裸にして見せるが、思いの外な……) / 24
  • 淫婦の中位(自慢姿ほどもなく、報いの種……) / 34
  • 世間寺の大黒(寺ほどに住むに良きところはなし……) / 51
  • 諸礼女祐筆(かねがね作りし男も、いつとなく衰え……) / 67
  • 孽の寛濶女(おもしろや、お前さまのあれは今に……) / 83
  • 身替の長枕(替添女をして、これを見て及ぶに……) / 101
  • 墨絵の浮気袖(想いのほころぶ程、わが身の濡れて……) / 119
  • 栄耀の願い男(ご隠居さまのかみさまに、嬲りものと……) / 136
  • 石垣の恋崩れ(二階の色引いて、騒ぎ踊る……) / 152
  • 小歌の伝授女(濡れてみて、むかしきものは……) / 170
  • 美扇の恋風(隠し絵は、男も合点……) / 193
  • 濡の問屋硯(蓮葉女は知らぬ身の上、まぎれものは異名をつけて……) / 208
  • 暗女は昼の化物(藤の花に行く女はお好次第に参る……) / 216
  • 旅泊の人詐(三五の十八ぶり袖に、飾られて馬じや馬じやい……) / 221
  • 皆思惑の五百羅漢(それよ、これよ諸袖に濡れの終りの長いものがたり……) / 238
  • 好色一代女について / 245

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 艶筆好色一代女
著作者等 水上 準也
書名ヨミ エンピツ コウショク イチダイ オンナ
シリーズ名 艶筆文庫
出版元 文芸評論社
刊行年月 1957
ページ数 246p
大きさ 18cm
全国書誌番号
57012616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想