イスラーム文明と日本文明 : 相互理解をめざして

[梅棹忠夫ほか著]

この本の情報

書名 イスラーム文明と日本文明 : 相互理解をめざして
著作者等 Ḥasan, Aḥmad Yūsuf
中村 広治郎
伊東 俊太郎
六本 佳平
国際交流基金
木島 安史
板垣 雄三
林 武
桜井 徳太郎
梅棹 忠夫
片倉 もとこ
石田 雄
祖父江 孝男
鳥羽 欽一郎
H・A・ムクティー・アリー
Mardin, Sheriff
Romahi, Seit El-Wady
al-Ḥāzimī, Manṣūr
アブドル・マジード・マッキーン
アリー・ヒラール・ドゥスーキー
サーリフ・ガルマディ
Ismaïl, Adel
書名ヨミ イスラーム ブンメイ ト ニホン ブンメイ : ソウゴ リカイ オ メザシテ
シリーズ名 基金叢書
出版元 国際交流基金
刊行年月 1981.10
ページ数 398p
大きさ 19cm
NCID BN00495146
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「国際シンポジウム -- イスラーム文明と日本」討論要旨 アデル・A・イスマイル, 中村廣治郎
アラブ諸国において科学技術の発展を妨げているいくつかの障害 アフマド・Y・ハッサン
イスラムの遺産 : 序説 セイフ・ワディ・ロマヒ
イスラム思想における啓示の基準 アブドル・マジード・マッキーン
イスラム社会における人間関係 : 個人と集団 H・A・ムクティー・アリー
イスラームにおける人間関係 : アラブ・ムスリムにおける集団と個をめぐって 片倉 もとこ
イスラーム文明と日本文明 梅棹 忠夫
エジプトにおけるイスラム諸組織の復興 : ひとつの解釈 アリー・ヒラール・ドゥスーキー
両大戦間のサウディアラビア文学における近代主義の様相について マンスール・アル=ハーズミー
伝統と近代化のはざまにおけるムスリム・アラブ都市 アデル・A・イスマイル
日本から見たイスラーム文明 : 非西欧的見解 伊東 俊太郎
日本の常民における生活規範 : とくに習俗的規制を中心として 桜井 徳太郎
日本の近代化における諸経験 石田 雄
日本の近代化における諸経験 : その経済的側面を中心として 鳥羽 欽一郎
日本人の心理的特質 : 文化人類学的考察 祖父江 孝男
日本人の法思想と基底的な規範概念 六本 佳平
日本社会の特殊性をめぐって : さまざまの集団構成原理 林 武
異文化のパーセプション : イスラム文明と日本 板垣 雄三
西欧とアラブ・ムスリム世界とのあいだの接触に関する文化的・言語学的検討への一寄与 サーリフ・ガルマディ
近代トルコの宗教 シェリフ・マルディン
都市建築の空間構成から見た日本の現状 木島 安史
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想