フォースター文学の諸相 = Aspects of E.M. Forster's Literary World : 小説と小説論

筒井均, 玉井暲 編著

小説と小説論が交差する磁場に注目し、E.M.フォースター文学の多面的魅力を自由、かつ、しなやかに語る。竹友藻風・村上至孝の古典的エッセイを収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(E.M.フォースターにおける「火」について
  • マーリンの行方
  • ディスコンストラクティヴ・コネクション-『ハワーズ・エンド』におけるマーガレットとヘンリーの価値観をめぐる考察
  • E.M.フォースターと同性愛-『「来世」、その他』をめぐって)
  • 2(擬態の論理-『小説の諸相』私論
  • 「混乱」としての小説的インパクト…-フォースターの小説論を考える
  • フォースターで読むシドニーの『アーケイディア』)
  • 3(イイ・エム・フォオスタァ
  • E.M.フォースターにおける野生的人物)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フォースター文学の諸相 = Aspects of E.M. Forster's Literary World : 小説と小説論
著作者等 玉井 暲
筒井 均
玉井 〓
書名ヨミ フォースター ブンガク ノ ショソウ : ショウセツ ト ショウセツロン
書名別名 Aspects of E.M. Forster's Literary World
出版元 英宝社
刊行年月 2012.8
ページ数 284p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-269-72122-7
NCID BB10157586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22249441
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想