海と生物

直良信夫 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / 1
  • 海と海岸
  • 海はどうして出來たか / 7
  • 海水はなぜ塩からくなったか / 10
  • 河水が塩分をはこぶ量ではかった地球の年齢はどのくらいか / 13
  • 海は生物のふるさとです / 15
  • 海の広さはどれくらいか / 18
  • 海の深さはどれくらいか / 19
  • 海面は平らなように見えるが平らではない / 20
  • 海の底はどうなっているか / 22
  • 大陸棚とはどんなものか / 25
  • 海水はどんな成分から出來ているか / 27
  • 海の水はなぜ靑いか / 28
  • 潮の干満はどうして起るか / 30
  • 潮流と海流 / 33
  • 海水にはどれだけの浮力があるか / 40
  • 波はどうしておこるか / 42
  • 油を流すとなぜ波はしずまるか / 43
  • 水面に物を浮べると波はたちにくくなる / 44
  • うねりといそなみの話 / 46
  • 砂浜を匍う波 / 48
  • 入江と潟 / 50
  • 砂浜と荒磯はどうして出來るか / 53
  • 浜と沿岸州との出來かた / 58
  • 海岸の地形 / 60
  • 日本の海岸風景の特色はどういうところにあるか / 62
  • 海岸にはなぜオゾンが多いか / 68
  • 海の風はなぜなまあたたかいか / 70
  • 夜に海水が光るのはなぜか / 72
  • 氷山と流氷の話 / 74
  • サンゴ礁について / 77
  • 海の生物
  • 潟にすむ貝 / 81
  • 川口の生物 / 82
  • 海岸の生物 / 87
  • 磯にはどんな生物がいるか / 87
  • 砂地の生物 / 90
  • 潮がみちて來たときの砂浜の生物 / 112
  • 岩礁の生物 / 148
  • 沖の生物 / 150
  • 深海の生物 / 154
  • 海のけだもの / 155
  • プランクトンの話 / 159
  • 海のみやげ話
  • 海坊主の話 / 171
  • しんきろうとはどんなものか / 174
  • 海ほうずき / 176
  • しらぬ火について / 178
  • サメにおそわれた話 / 180
  • むすび / 183
  • 附錄 地質時代の区分表 / 186

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 海と生物
著作者等 直良 信夫
書名ヨミ ウミ ト セイブツ
シリーズ名 ぼくたちの研究室
出版元 さ・え・ら書房
刊行年月 昭和29
ページ数 188p 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
45014791
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想