知恵とくふうの物語  2

武部本一郎 等絵

[目次]

  • 目次
  • あしのペンや鳥の羽のペン-万年筆が発明されるまで / 8
  • ロケットという名のおこり-花火の発明 / 10
  • 神の食物チョコラトル-チョコレートを発見したコルテス / 12
  • 「ニイタカヤマノボレ」-暗号ものがたり / 14
  • マグデブルクの半球-ゲーリケの真空実験 / 17
  • 長い名まえの最初のピアノ-イタリアのクリストフォリがつくる / 20
  • 化学の土台になった大法則-近代科学の祖、ラボアジエ / 22
  • 革命とともに生まれたメートル法-メートル法を作ったフランスの学者たち / 25
  • びんづめからヒントをえる-かんづめを発明したデュラント / 28
  • 子どもの遊びから-聴診器を発明したラエネック / 31
  • 〝力をうみだす〟機械-ファラデーの大発見 / 33
  • めどは針の先にあける-ミシンを発明したハウ / 37
  • 机の上でみつけた星-アダムズ、ルベリエ、ガルレの海王星の発見 / 40
  • エネルギー不滅の法則-ヘルムホルツの偉大な発見 / 44
  • 色の魔術師-新しい染料をつくりだした化学者たち / 46
  • 火をふいたズボン-黄りんマッチから赤りんマッチへ / 50
  • 世界最初の電気機関車をつくる-ウエルナー・ジーメンスの苦心 / 52
  • メンロパークの魔術師-エジソンの発明のかずかず / 55
  • 大西洋を横断した海底電線-フィールドのたゆまぬ努力 / 60
  • 獣医が発明した空気入りタイヤ-ダンロップの思いつき / 63
  • 深くこまかく一歩一歩目的へ-破傷風の血清療法と北里柴三郎 / 65
  • 土ととりくむ科学者-ソビエトの土壌学者ウイリアムズの話 / 68
  • 自動車王国をきずきあげる-ヘンリー・フォードの情熱 / 71
  • ついにみつけられた赤痢菌-わかき学究、志賀潔の発見 / 75
  • 人間が空を飛ぶものか-ライト兄弟と飛行機 / 77
  • 相対性理論の完成-世界に輝くアインシュタインの業績 / 81
  • 米ぬかにひそむなぞ-ビタミンの発見者、エイクマンとホプキンズ / 84
  • 日本遺伝学の父-そてつの精虫を発見した池野成一郎 / 87
  • 第一次世界大戦の新兵器-戦線にあらわれたイギリス軍のタンク / 89
  • となりの家の話し声で思いつく-二またソケットを作った松下幸之助 / 92
  • 世界に知られた〝鉄の本多〟-K・S鋼を発明した本多光太郎 / 94
  • ゴム長ぐつのうらと野球ボール-少年野球の父、鈴鹿栄 / 96
  • 外国人に負けてなるか-豊田佐吉と自動織機の発明 / 98
  • 青かびのふしぎな力-ペニシリンの発見 / 101
  • 生命の起源をさぐる-オパーリンの学説 / 105
  • 〝魔法の目〟-レーダーを発明したワトソン・ワット / 108
  • 日本の技術をいかして-戦争中からつくられていたビニール / 112
  • 海水蒸留工場の店開き-科学の力で真水をつくる / 115
  • 牛のつのにたいまつ-木曽義仲の戦術 / 118
  • ひよどりごえの奇襲-いくさの神、源義経 / 120
  • 三段がまえの鉄砲隊-積極果敢な織田信長 / 124
  • 高松城水攻めの参謀-知将黒田如水の戦略 / 128
  • 巌流島の決闘-二天流剣法の祖、宮本武蔵 / 131
  • 敵前で左舷回頭-日本海海戦の東郷大将の決断 / 135
  • はじめて地球を一周-世界航路をきりひらいたマゼラン / 138
  • マッターホルンに初登頂-山につかれた男ウインパー / 142
  • 秘境チベットで経典を学ぶ-熱意で目的をとげた河口慧海 / 144
  • インカの秘宝をもとめて-失われた都マチュ・ピチュの発見 / 148
  • 氷雪の大陸にいどむ-バードの南極探検 / 151
  • 潜水艦で北極へ-ウィルキンズと潜水艦ノーチラス号 / 154
  • 天下の御意見番-三代の将軍につかえた大久保彦左衛門 / 158
  • 江戸百万人の命の水-玉川上水をつくった庄右衛門、清右衛門 / 162
  • 溶岩をつらぬく-箱根用水をつくった友野与右衛門 / 165
  • 江戸城明け渡し-西郷隆盛と勝海舟の会談 / 168
  • 日本に郵便制度を設ける-創始者、前島密の熱意 / 170
  • 汽車があせをかいている-日本で汽車が走るまで / 172
  • 日本の夜空を明かるく-電燈をともした藤岡市助 / 176
  • 琵琶湖の小あゆの話-進化論をいかした石川千代松博士 / 178
  • 関門海底トンネル物語-技術と人力をかたむけた二十余年 / 181
  • 城も築けば歌も作る-室町時代の武将太田道潅 / 186
  • 月の桂の宮づくり-桂御所をつくった小堀遠州 / 188
  • 世界一のバイオリン-イタリアの名工ストラデバリの話 / 191
  • 空想がほんとうになる日-『月世界旅行』や『海底二万里』を書いたジュール・ベルヌの話 / 193
  • 死んだ馬のほねを五百金で買う-燕の昭王と郭隗 / 195
  • ジョセフスの計略-まま子算の起源と、むかしの算術あそび / 197
  • 身をもって民主主義を教える-アメリカ大統領ジェファソンの機知 / 200
  • 電話線で三人の生命を救う-靴みがき少年の機転 / 202

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 知恵とくふうの物語
著作者等 武部 本一郎
書名ヨミ チエ ト クフウ ノ モノガタリ
書名別名 Chie to kufu no monogatari
巻冊次 2
出版元 実業之日本社
刊行年月 昭和37
ページ数 5冊 図版
大きさ 22cm
全国書誌番号
45011770
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想