世界にほこる日本の発明

豊沢豊雄 著 ; 桂川辰一 絵

[目次]

  • 目次
  • 一 世界一強い紙の発明・(聖徳太子) / 12
  • 二 名刀正宗が出来るまで・(五郎正宗) / 16
  • 三 夕日にかがやく杮のみ!・(陶工杮右ヱ門) / 20
  • 四 高等数学をあみだす・(関孝和) / 24
  • 五 万病一毒論を唱う・(吉益東洞) / 28
  • 六 聴診器は酒屋の子供が・(本間棕軒) / 33
  • 七 舶来品を負かす・(平賀源内) / 36
  • 一 おみき天神 / 36
  • 二 国を富ますために / 37
  • 三 貿易に打勝つ / 38
  • 四 エレキテルの発明 / 41
  • 八 松の木にのぼって雷をとらえた男・(橋本曇斎) / 44
  • 九 現代兵器の前身 / 46
  • 一 鉄砲の工夫 / 46
  • 二 新らしい砲術 / 49
  • 三 ジエット機の始まり / 50
  • 四 日本のノーベル / 53
  • 五 戦車を発明した殿さま / 54
  • 一〇 太陽がまわるか、地球がまわるか・(麻田剛立) / 57
  • 一一 天と地の はじまり・(志筑忠雄) / 62
  • 一二 日本地図をつくる・(伊能忠敬) / 65
  • 一三 日本のエヂソン・(田中久重) / 71
  • 一 久留米がすりの発明 / 71
  • 二 ロボットのはじまり / 73
  • 三 万年時計の発明 / 75
  • 四 汽車、汽船、大砲つくり / 76
  • 一四 夜店のヒヨコは雄である・(増井清) / 79
  • 一五 アメリカで育った日本のジアスターゼ(高峯譲吉) / 81
  • 一六 子供の命のおや・(北里柴三郎) / 85
  • 一七 最後まで細菌とたたかった英雄・(野口英世) / 91
  • 一八 ビタミンの発見は小さい日本人 / 97
  • 一 ビタミンのB発見・(鈴木梅太郎)
  • 二 ビタミンAを分離する・(高橋克己)
  • 一九 飛行機の発明は日本人・(二宮忠八) / 101
  • 一 空がとびたい! / 101
  • 二 世界各国、飛行くらべ / 101
  • 三 グライダーの発明 / 103
  • 四 プロペラ式飛行機 / 105
  • 二○ 世界の真珠王・(御木本幸吉) / 114
  • 二一 イギリスをおいこす綿布の国・(豊田佐吉) / 120
  • 二二 アメリカが真似した乾電池・(屋井先蔵) / 125
  • 二三 ドイツが おどろく無線電話・(鳥潟右一) / 127
  • 二四 電送写真の原理・(丹羽保次郎) / 130
  • 二五 錦をきて返咲くアンテナ・(八木秀次) / 133
  • 一 ひみつ兵器 / 133
  • 二 スパイか? / 133
  • 三 殺人光線 / 135
  • 四 歴史的な大講演 / 136
  • 五 発明をかえりみない日本 / 140
  • 六 栄光に輝く / 140
  • 二六 鉛から金がとれるか・(長岡半太郎) / 143
  • 二七 ノーベル賞にかがやく・(湯川秀樹) / 145
  • 一 平凡な子供 / 145
  • 二 理論物理と量子論 / 146
  • 三 栄光に輝く / 150
  • 附録
  • 一 其の発明ならぼくにも出来る / 153
  • (一) 発明は誰にもできる / 153
  • (二) 二またソケットの工夫で大会社の社長 / 156
  • (三) 龜の子たわしの工夫 / 158
  • (四) 其の他、沢山ある / 159
  • 二 父兄のために 特許出願の手引 / 165
  • (一) 特許の部(願書の形式、明細書のかき方、図面のかきかた) / 166
  • (二) 実用新案の部(願書の形式、説明書、図面) / 169
  • (三) 出願中の心得 / 169

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 世界にほこる日本の発明
著作者等 桂川 辰一
豊沢 豊雄
書名ヨミ セカイ ニ ホコル ニホン ノ ハツメイ
書名別名 Sekai ni hokoru nihon no hatsumei
出版元 太陽少年社
刊行年月 昭和29
ページ数 171p
大きさ 22cm
全国書誌番号
45013570
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想