北斎 : ある画狂人の生涯

尾崎周道 著

[目次]

  • 北斎 目次
  • はしがき
  • 若いころの北斎 / p9
  • 北斎の誕生
  • 貸本屋の鉄ちゃん
  • 彫師の徒弟になる
  • 絵師を志す
  • 勝川春章との出合い
  • 初の作品発表
  • 青年期の江戸社会
  • 春章の死
  • 狩野派の門を叩く
  • 勝川派との断絶
  • 一人落魄の身を思う
  • 諸派研鑚の時代
  • 画道開眼
  • 北斎の逸話ノート / p39
  • 逸話から知る裸の北斎
  • 二両の金に発奮
  • 法華経の信仰
  • 改名と転居
  • ユーモアとハッタリ
  • 田舎ッペ北斎
  • 無精者北斎
  • 酒ものまず煙草もすわず
  • 蚊帳を売って祝儀をつくる
  • 立派なところとお答えなされよ
  • 金を返せばよいだろう
  • 損得よりも日本の信義
  • 鶏の足で紅葉を描く
  • 馬琴との絶交
  • 提灯屋を驚かす
  • 飢餓の中に一人立つ
  • 富岳三十六景への道(一) / p75
  • 黄表紙・読本・合巻
  • 自作自画の戯作
  • 狂歌本の挿絵
  • 読本挿絵に全精力を傾注
  • 読本挿絵の主な作品
  • 一枚の絵としての挿絵
  • 絵手本の出版
  • 北斎漫画
  • 絶えず進歩向上を願う
  • 富岳三十六景への道(二) / p108
  • 版画技術の発達
  • 浮絵の流行
  • 宗理型の美人
  • 潮来絶句
  • 銅版画に取り組む
  • 洋風表現の習得
  • 隅田川両岸一覧
  • 富岳三十六景の生誕
  • 日本人と富士
  • 凱風快晴
  • 富岳三十六景の三役
  • 赤富士を越えて
  • 生活の中の富士
  • 北斎の肉筆画について / p151
  • 浮世絵とは何か
  • 浮世絵の歴史
  • 北斎の肉筆画
  • 宗理時代
  • 美人画と鳥獣画
  • 晩年の肉筆画
  • 晩年の北斎 / p175
  • 組物の風景画
  • 富岳百景の発表
  • 万物の出生を悟しえたり
  • 孤絶の道を行く
  • 版画美の最高
  • 浦賀へ転居
  • 高井鴻山との出合い
  • 真の理解者にめぐり会う
  • 花鳥画と百人一首うばがえとき
  • 信州小布施に旅立つ
  • 画本彩色通
  • 行年九十

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 北斎 : ある画狂人の生涯
著作者等 尾崎 周道
書名ヨミ ホクサイ : アル ガキョウジン ノ ショウガイ
シリーズ名 日経新書
出版元 日本経済新聞社
刊行年月 1968
ページ数 212p 図版
大きさ 18cm
NCID BN13923402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68007063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想