異端と正統

河上徹太郎 著

[目次]

  • 目次
  • I
  • 「神々」との対決 / 9
  • 異教徒と神の問題 / 29
  • 日本の異端と正統 / 46
  • II
  • ウズベック・上海・東京 / 57
  • 中村光夫の近著二つ / 74
  • 小林秀雄への手紙 / 83
  • 菊池寛と日本の文壇 / 96
  • 石川淳に期待する / 104
  • 三好達治論 / 108
  • 永井龍男論 / 121
  • 横光利一論 / 134
  • III
  • 人間のいない政治 / 157
  • 批評の悦び / 169
  • 文壇批評の現状 / 179
  • 現代史についての一疑問 / 188
  • 戦後の文学について / 192
  • 作家の日記 / 200
  • 再び「文学の芸能化」について / 209
  • 作家気質の今昔 / 218
  • 批評・マスコミ・文芸誌 / 226
  • 小説に於ける詩ということ / 237
  • 新劇的人生論 / 247
  • ボルショイへの疑惑 / 259
  • 純文学・文壇の必要について / 263
  • 現代文学と文体 / 271
  • 西欧的な考え方の運命 / 291
  • 誠実 / 296
  • あとがき / 303

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 異端と正統
著作者等 河上 徹太郎
書名ヨミ イタン ト セイトウ
書名別名 Itan to seito
出版元 文芸春秋新社
刊行年月 1960
ページ数 304p
大きさ 20cm
NCID BN09335637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61000442
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想