スタイルズ荘の怪事件

アガサ・クリスティ 著 ; 能島武文 訳

戦争で負傷したヘイスティングズは、旧友の招きにより、閑静なスタイルズ荘で静養することになった。しかし、彼はそこで、奇怪な事件にまきこまれることになる。別荘の所有者で富豪のイングルソープ夫人が、深夜、何者かによって密室の中で毒殺されたのだ。たまたまその村に居合せたもとベルギー警察の名探偵ポワロの緻密な推理が始まる…。ミステリーの女王クリスティのデビュー作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 目次
  • 第一章 スタイルズヘ / 7
  • 第二章 七月十六日と十七日 / 28
  • 第三章 悲劇の夜 / 42
  • 第四章 ポアロ、捜査す / 54
  • 第五章 ストリキニーネじゃないでしょうね? / 87
  • 第六章 検屍審問 / 132
  • 第七章 ポアロ、借りを返す / 154
  • 第八章 新たな容疑 / 173
  • 第九章 バウエルスタイン博士 / 201
  • 第十章 逮捕 / 224
  • 第十一章 公判 / 250
  • 第十二章 最後の環 / 279
  • 第十三章 ポアロ、説明す / 296
  • 解説 / 318

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 スタイルズ荘の怪事件
著作者等 Christie, Agatha
能島 武文
クリスティ アガサ
真野 明裕
能島武
アガサ・クリスティ
書名ヨミ スタイルズソウ ノ カイジケン
書名別名 Sutairuzuso no kaijiken
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1959
ページ数 321p
大きさ 16cm
ISBN 4102135197
全国書誌番号
59005374
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想