夜をのがれて  上

ジャン・ヷルチン 著 ; 加藤健吉 訳

[目次]

  • 上卷
  • 目次
  • 第一部 彼等のいう夜明
  • 一、 野良犬 / 2
  • 二、 船員に / 18
  • 三、 罷業に參加 / 35
  • 四、 コミンテルンのための密輸 / 48
  • 五、 君は人を殺したことがあるか / 60
  • 六、 バリケードの犧牲者 / 77
  • 七、 赤い放浪 / 96
  • 八、 陰謀への道 / 112
  • 九、 太平洋へ進出 / 128
  • 十、 レニングラードへの道 / 142
  • 十一、 東洋への飛脚 / 157
  • 十二、 上海からサン・クェンチンへ / 171
  • 第二部 暗黑の踊り
  • 十三、 新しい武器 / 194
  • 十四、 疑うべからざるもの / 210
  • 十五、 フィレライ / 227
  • 十六、 フィレライの決心 / 244
  • 十七、 ハンマアと鐵床の間 / 264
  • 十八、 ソヴィエット船の船長 / 285
  • 十九、 無能と全能 / 304
  • 二十、 人間狩り / 320
  • 廿一、 七つの海を覆うスターリン / 339
  • 廿二、 英國への檢察行 / 355
  • 廿三、 いかに叛亂が行われたか / 375

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 夜をのがれて
著作者等 Valtin, Jan
加藤 健吉
ジャン・ヷルチン
書名ヨミ ヨル オ ノガレテ
巻冊次
出版元 日米出版社
刊行年月 1950
ページ数 388p
大きさ 19cm
NCID BA36992821
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51001202
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想