佐多稲子作品集  第15巻 (一婦人作家の随想)

佐多稲子著

[目次]

  • 目次
  • I
  • 鳥の眼の話 / 8
  • 折に触れた音 / 13
  • 花について / 18
  • 感傷と記憶 / 22
  • ある大晦日 / 25
  • 春の揷話 / 27
  • 早春随筆 / 31
  • 秋の風景画 / 33
  • 冬の随筆 / 36
  • 旅で逢つた人 / 39
  • 甲州の秋 / 44
  • 朝鮮印象記 / 48
  • 大福二コ半 / 52
  • 小鰺百匁 / 54
  • 借金 / 56
  • 作家の日記 / 62
  • 罪つくり / 65
  • こころなき文 / 68
  • 目と耳 / 71
  • 虫のせい / 72
  • 屋根のうえの行水 / 75
  • 子供の驚き / 77
  • 私のこどもたち / 79
  • 表現と理解 / 83
  • 事件・空想・文化 / 85
  • 記憶と願いと / 89
  • 自分について / 95
  • 故郷の瘡痕 / 100
  • NHKの君が代 / 106
  • 東京の誇りについて / 107
  • II
  • 季節の記憶 / 114
  • 室生先生のこと / 118
  • 小林多喜二の文学 / 121
  • 片岡鉄兵の「転向」について / 123
  • 「乳房」と「小祝の一家」について / 125
  • 百合子さんについて / 130
  • 中野重治のこと / 134
  • 堀さんとの若い日 / 137
  • 樋口一葉のこと / 139
  • 「あきらめ・木乃伊の口紅」解説 / 141
  • 本質的な人間味 / 146
  • 山本有三氏の文章 / 148
  • 村山知義氏「わが白痴」 / 153
  • 「わが小説論」という課題 / 155
  • ロマンについて / 157
  • 私小説と客観小説 / 160
  • 現実と芸術性 / 164
  • 女らしさ / 169
  • チェーホフとモウパッサン / 172
  • 女の一生 / 174
  • III
  • 我がはしがき / 186
  • 夏の夕方の墓 / 196
  • 二人の母のこと / 199
  • 隠された頁 / 204
  • 清凌亭のこと / 235
  • 戸塚から落合へ / 238
  • 文学的自叙伝 / 242
  • 小説の勉強 / 250
  • 若い日の経験 / 254
  • 私の読書遍歴 / 259
  • 創作体験 / 261
  • 生活と作品 / 265
  • あとがき / 275

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 佐多稲子作品集
著作者等 佐多 稲子
書名ヨミ サタ イネコ サクヒンシュウ
書名別名 Sata ineko sakuhinshu
巻冊次 第15巻 (一婦人作家の随想)
出版元 筑摩書房
刊行年月 1959
ページ数 280p 図版
大きさ 20cm
NCID BN13870962
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57013288
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
鳥の眼の話 佐多 稲子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想